判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『それでもボクはやってない』(周防正行監督 日本 2007年)

 周防監督と対談をしたときに、「映画を見終わった後、重い気持ちで映画館を出て欲しいと思った。」という意味のことをおっしゃっていた。
 その通り。この映画を見ることは、とてもしんどかった。
 息づまるというか、考えてしまうというか。どうしたらいいかと重い宿題をいくつももらったような。
 真正面で勝負をして、しかもあきさせず、完成度の高いすごい映画。
 役所広司さん演ずるすご腕の弁護士によっても無罪とならないのか・・・・・・・。
 がっくりである。
 不条理に巻き込まれ、もがいてももがいても出口が見えず、汚名を着せられ、様々なものを失ってしまう被告人の苦しみも胸に迫る。

 日本の裁判ってこうなんだということに改めて驚いた人も多いのではないだろうか。
 99.9パーセントというあまりに高い有罪率。
 起訴をされれば、ほとんど有罪となってしまう。
 わたしは、「今まで無罪判決を出したことがありますか?」と年配の裁判官たちに聞いたところ、裁判官たちに、「長い裁判官のキャリアで1度も無罪判決を出したことがない。」と言われたっけ。
 否認事件の無罪率は、3パーセント。
 「疑わしきは被告人の利益に」が刑事裁判の鉄則である。しかし、実際そうだろうか。
 この映画は、ちかん冤罪に巻き込まれた青年の絶望的にも思えるようながんばりと出口のなさ、途方のくれ方、まわりの援助、取り調べをはじめなかなかわからない手続き、巻き込まれた不条理を実に正確に全くリアルに描いている。
 代用監獄も弁護士も検察官も裁判官が交替しただけで、法廷のあり方も裁判の見方も全く変わってしまうことも、おためごかしの判決を書く裁判官も、証言をする人たちも、家族も痛いくらいリアルだ。
 最後の判決のところで、ぐたぐたわけのわからない理論を展開し、疑わしきは被告人の不利益にしっかりしてしまう慇懃無礼な裁判官に、「こんな裁判官っているよね。」って、弁護士たちと怒りの映画鑑賞となった。
 いったん被疑者、被告人と思い込まれるとそれを払拭することが並大抵ではない。

 ちょうどこの映画が公開される直前に、富山県の強姦事件で服役し、既に出所した人のケースが、真犯人が出てきて、無罪であることが明らかとなったことが、報道をされた。
 何ということ。
 真犯人が出てくるまで、この人は冤罪であることをただ一人胸におさめて生きてきたのである。
 そう言えば、ヨーロッパ評議会で、死刑廃止のことで、呼ばれたことがあった。死刑台から生還をした免田栄さんも一緒であった。
 EUに加盟するためには、死刑を廃止しなければならない。
 そこで、あるアメリカ人に会った。彼は、死刑囚であったが、DNA鑑定の結果、無実であることが明らかになったのである。DNA鑑定がなければ、彼は、死刑を執行されたのである。

 昨年、日本の鹿児島の志布志事件も無罪となった。
 早い段階から県会議員にアリバイがあることが明らかであったのに、無視されたのである。
 取り調べの問題も指摘をされた。
 2007年はまさに「それボク」の年であったのである。

 もうじき裁判員制度が始まる。
 いろんな啓発ビデオが作られている。
 法務省のビデオは有罪、弁護士会は無罪、最高裁判所は執行猶予が結論になるビデオを作っている。
 裁判員制度が始まるとしたら、「それボク」のこの映画こそ見られるべきである。
 捜査がどうなされるのか、調書がどうとられるか、証人との関係、冤罪の問題、裁判の関係などを考えることになると思う。

 この「それボク」は、拷問禁止委員会において、昨年、日本政府の報告書が審理をされるときに、ジュネーブの国連ビルの近くで、上映をされ、拷問禁止委員会の委員も見に来たものである。
 日本政府に対して、きちんとした勧告が出たが、この映画も大いに貢献をしたのではないか。

 日本の刑事裁判の問題点をひとりでも多くの人が考えれば、刑事裁判は変わっていくだろう。
 一人でも多くの人に見て欲しい。

 「Shall we dance?」は、ビリー・ワイルダー監督映画のような、楽しいエンターティメントであった。アメリカのリメイク版は、日米文化比較みたいで面白かった。

 この「それボク」も別の意味で、エンタ−ティメントである。
 周防監督、次作も楽しみにしています!
                    (福島みずほのHPより一部変更して転載)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK