判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
キューティー・ブロンド(ロバート・ルケティック監督・アメリカ・2001年)

 アメリカ・カリフォルニア州のばりばりの高校生の主人公は、ブロンドの超お洒落のイケてる女の子。ボーイフレンドに「政治家の妻はモンローではなくジャッキーがふさわしいのだ」と振られてしまう。
 彼を追って、がんばってハーバードロースールへ。浮きまくる彼女。
 はじめはちんぷんかんぷんなのだが、体当たりでがんばるのだ。
 首席で卒業して、ボーイフレンドだった彼をもちろん振って、別のボーイフレンドができる。
 かわいくて、おっちょこちょいで、がんばりやという愛すべきキャラクターは、昔読んだ少女マンガみたい。
 お金持ちで、冷たいライバルの女の子のいじめをものともせず、ひたすらかわいくがんばるのだ。
 おバカでとても楽しい映画。
 がんばろうという気になるけれど、そして、わたしもお洒落は好きなのだけれど、時代がぐるりとまわって小学校のときに読んでいたマンガの世界に戻るのはなんなのだ。

Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK