判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『ラスト、コーション』(アン・リー監督 中国/アメリカ 2007年)

 主演トニー・レオン、タン・ウェイ
 1942年の日本占領下での上海の話。
 「ラスト」というのは、欲望。そして、コーションというのは、警戒。「欲望と警戒」と訳したらいいのだろうか。映画の原題は、「色、戒」。
 映画のパンフレットでは、アン・リー監督は、「人生への欲望」と「社会への警戒」と述べている。

 チアチーは、父親がイギリスに行ってしまい、イギリスで再婚をした。彼女もイギリスに行こうとしたが、うまくいかず、香港で大学生活を送っている。

 大学の演劇部には、兄を日本軍によって殺されたクァンがいて、情熱的にチアチーに語る。チアチーは、演劇部にはいり、抗日の演劇のヒロインを演ずる。会場が、熱気を帯びる。
 日本に協力をする中国人リーに対する暗殺計画を演劇部のメンバーで考え、作戦を立てる。チアチーは、マイ夫人という輸入商の妻に化け、リー夫人に接近し、マージャン仲間となり、機会をうかがうがうまくいかない。

 3年の月日が流れ、舞台は上海へ。
 リーは、日本の傀儡政権の悪名高い暗殺組織の特務機関のトップとなり、逮捕、殺害、暗殺、拷問をやっている。それらのシーンは、出てこないが、虚無的な狂気を帯びた瞳を持つ警戒心の強い男をトニー・レオンが好演をしている。

 もっと大きな組織の命令を受け、チアチーたちは、リー暗殺計画を改めて立てていく。
 再びリーに接近をするチアチー。
 純粋さと大胆さを合わせ持つチアチーにリーはのめりこんでいく。
 「おまえ以外は全く信用できない。」「おまえだけを信用している。」と伝えるリー。
 自分も暗殺をし、敵だらけのなかで、それはリーの本心だっただろう。
 また、リーにのめりこんでいくチアチー。
 明日をもわからない命のなかで、それぞれはお互いにのめりこんでいくが、実は二人は敵で、チアチーは、リーの暗殺の指令が早く出ないか、出ないかと待っているのである。そうでなければ、チアチーは、恋人のふりをし続け、歪んだ関係を続けなければならない。

 日本料理店に、チアチーは、リーに呼ばれる。ちょうど、リーたちの宴会はお開きになっていて、チアチーとリーは部屋に二人でいる。日本政府に協力する傀儡政権の特務機関のトップなのに、リーはこう言う。「アメリカが参戦をした。もう負けだ。にもかかわらず日本はいい気なものだ。調子っぱずれの歌を歌っている。」
 別の部屋では、ちょうど、芸者さんたちが歌と踊りをやっていて、日本の軍人たちは飲んで、騒いでいる。
 戦争中でもこんなところもあったんだという感じ。当たり前だが、すべてのところのすべての時間が、戦闘という訳ではない。
 そのとき、チアチーが、リーに対して、当時はやっていた中国の歌「天涯歌女」という流行歌を歌う。節をつけ、手振りを入れて。
 チアチーが歌い終わると、リーは一人で拍手をして、抱きしめる。
 戦争が日本側の負けになることを予測しながら、リーは、特務機関のトップとして、レジスタンスの中国人の人たちをどんどん問答無用で殺していく。
 このシーンは、リーとチアチーの中国人としてのアイデンティティが出ている場面である。もっと言うと、アン・リー監督のアイデンティティが出ている場面でもある。

 この二人の関係がどうなるのか、それぞれがどうなるのか最後まで息づまる展開をとげていく。

 チアチーは、大学生のときは、先輩のクァンにあこがれている素朴で可憐な女子学生である。すすめられるタバコも吸うことができないくらいだ。
 しかし、香港から上海へ。
 スパイ合戦と暗殺の町、世界中の人たちが住んでいるお洒落な町、そんな町で、プロのスパイとして、生きるなかで、変わっていく。
 ひどく女っぽく、プロとして覚悟を決め、決然と生きるようになる。

 アン・リー監督が作った「ブロークバック・マウンテン」の映画も大好きだった。
 「ラスト、コーション」と「ブロークバック・マウンテン」も人間の実存と心のなかを描いている映画である。
 表面からではわからない人間の心の奥底の悲しみや愛情を描いている。
 表面的なことでは見えないものを描いている。
 人間の性愛の根源的な意味を描いている。
 おえっとくるような人間の心のマグマと生きるということを描いている。
 他人にとっては、理解できないことかもしれないし、歪んだ愛としかとらえられないかもしれない。しかし真実は、他の人には見えず、心の奥底にあるのだということを描いているように思う。

 チアチーは、自分の信ずる正義に基づく使命感を持っている。
 彼女にとって何よりも大切な使命のために、すべてを犠牲にする。自分のすべてのもの、生きること、命、体も顔も感情も幸せも人を思う気持ちも。人生すべてを使命のために使っていく。
 個人の使命と組織の論理とそして、実存と。
 自分の内面も体も含めて全部さらけ出すようにしか生きられない状況のなかで、精一杯生きようとする。

 チアチーもリーも自分以外は信ずることができない状況にいる。常にまわりをうかがい、極度の警戒心を持って生きている。リラックスなどしない。リーの妻は、毎日、金持ちの女性たちと家でマージャンをし、おいしい中華料理を食べ、談笑をしている。指には、大きな指輪。これが、戦争の中国人の姿なのと驚いた。当たり前だが、日本に協力する中国人がいたからこそ、そういう中国人を作ったからこそ、戦争だとも言える。リーは、当たり前だが、妻に何も話さず、家ではひきこもっているだけだ。リーもチアチーも常に死と隣合わせである。いつ自分が殺されるかわからない。
 そんな息づまるような状況で、相手にのめりこんでいくのである。

 過激なベッドシーンが話題になっているけれど、なぜ二人がのめりこんでいくのかを説得力を持って描くためには、ベッドシーンは必要だったのではないか。もちろん商業的なものもあっただろうが。
 人間ののっぴきならない内面や実存を描くのに必要だったのである。

 人間は、それほど論理的でも完璧でもない。
 限られた時代状況で、おかしな人生を送るのである。

 アン・リー監督は、なぜ「売国奴」とも言えるリー、中国人でありながら、傀儡政権のもとで、同国人を殺していくリーを主人公にしたのだろうか。
 リーも時代状況のなかで、歪んでいく人生を生きる。
 誰も信用せず、誰からも信用をされない信じられないくらい孤独で、凄惨な人生。彼が、彼が思うところの「可憐」な女性をひたすら愛し、指輪をプレゼントしようとする。
 「愛」を求めるが、その相手こそは、自分を殺そうと計画をし、接近をしてきた相手なのである。

 人間の奥底は、寂しいのであると言っても映画の感想からは遠のくような気がする。
 しかし、どうしようもない人間の存在の奥には、他の人には、決して見えない「愛」があり、また、実存があるのである。

 「ブロークバック・マウンテン」は、政治や社会的なものを一切排除して、二人のゲイにとっての理想郷である山の風景と二人の心を描いていた。
 今回の「ラスト、コーション」は、時代と政治も描いている。
 その分、「恋愛」映画の純粋さは薄くなったようにも一見感じられる。しかし、時代状況と使命感と実存を描き、使命感のためにすべてをコントロールし、捨てていく女を描いて、逆にわたしは切ないなあと思った。

 両方の映画とも表面的には人に見えない人間の実存と愛を描いている。
 一見特殊とも言えるが、実は普遍的な人間にとって生きるとは何か、心の奥底に正直に生きるとは何か、実存と生存と愛と性愛を描いている。人間は、現実の生活では制約だらけである。何かの役割、使命を持ち、日常生活に追われ、果たすべき役割がある。
 にもかかわらず人間としての根本を持ち、苦しみ、愛し、また、時代を生きようとする。「生きるとは一体なんなのか?」ということをアン・リー監督は、題材を変えて、あくなき追求をしているように思える。
 アン・リー監督からは眼を離せない。

 そして、わたしは、この「ラスト、コーション」を見て、「愛の嵐」を思い出した。ナチ・ユダヤの男性とユダヤの少女の愛を描いた映画である。
 少女は、大人の女性になり、二人は再会をする。シャーロット・ランプリングが、精神のかたまりのような女性を演じていた。
 考えてみたら、「愛の嵐」も「ラスト、コーション」も当時の権力者の側を男性が演じ、弾圧される側を女性が演じている。
 「ナチスの女性」と「ユダヤの男性」という組み合わせも「日本の女性」と「中国の男性」という組み合わせもあんまり見たことがない。
 「24時間の情事」と「愛人」は、いずれもマリグリット・デュラスの作品で、映画化されているが、これらは、アジアの男性とフランスの女性の組み合わせだが、戦争のもとでの話ではない。
 最近見た「サラエボの花」も侵略者は男性であり、強姦されるのは、女性の側である。

 「愛の嵐」も名作もしれないけれど、わたしは、この「ラスト、コーション」に進化を見る。
 「愛の嵐」は、ユダヤの少女は、当初全くの受身である。この「ラスト、コーション」は、まだ少女の面影を持つ女性の側が、仕掛けていくものである。アン・リー監督が、映画のパンフレットでも述べているとおり、女性の視点から描いている。
 その意味では、月日が流れ、様々な映画は、やはりフェミニズムを通過しているのである。
                    (福島みずほのHPより一部変更して転載)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK