判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『マーガレット・サッチャー:鉄の女の涙』(フィリダ・ロイド監督 イギリス 2011年)

 あのマーガレット・サッチャーが認知症になっているというところから、映画が始まる。彼女がひとりで雑貨屋に牛乳を買いに来ている。えっ、これがサッチャー!そして、えっ、これがメリル・ストリープ!
 この映画は、なぜサッチャーが、サッチャーとなったのかということがとても良くわかる映画である。なあるほど、こんなおとうさんがいて、雑貨屋さんだけれど、市長になり、そのおとうさんの演説を感動をして、こんな感じで聞いていたのか。政治は、彼女にとって、身近かだったんだなあとか、彼女のことを良くわかっている男性が心を寄せて、励まして、夫になって励ましてくれたんだなあと。
 ティーカップを洗う主張をしないおかあさんより、おとうさんへの共感が強い。まさに、「母の娘」ではなく、「父の娘」なのだなあ。
 彼女が、保守的で、貴族も多いトーリー党の国会議員になり、まさに男性ばかりのなかに女性がひとりで苦労をするところも、話し方を変えて、党首になるところなど、女性として共感をするところや偏見のなかで大変だったんだなあとは思う。
 しかし、フォークランド紛争を扱うところは、あまりに美化しているように思う。また、サッチャーの10年以上にわたる首相としての政治のなかのマイナスの部分は、反発をするデモの映像やサッチャーの車に押しかける人々で描いているものの本当のマイナス、デメリットを描ききってはいない。人頭税など、収入に関係なく一律にかける税制は、とんでもなく逆累進性になるのに、そのことも十分描いているとも思えない。
 保守党のなかの閣僚たちの裏切りで、彼女は党首を、首相を辞めなくてはならなくなったかのように映画は描く。しかし、もうどうしょうもないくらい社会の矛盾が大きくなって、人々に辞めさせられたのだと思うけれど、その視点は少しは出ているもののやっぱり弱い。
 それは、この映画の脚本が、サッチャーの娘が書いた本、母親が認知症になったことも書いた本に依拠しているからではないか。
 ニクソンだって、サッチャーだって、もっと言えばヒトラーだって、恋人や夫や妻、子どもたちから見れば、愛しい恋人、かけがえのない夫であり、妻であり、いい父親であり、いい母親で在り得るのではないか。
 わたしは、各党のいろんな政治家の人の家族、夫や妻や子どもたちに会うことも多いけれど、各党の政策ややっていることとは別に、みんなそれなりに家族にとってはかけがえのない存在である。
 だから、家族の視点から、政治家を描くと、「いろいろあるけど、やっぱりいい人」となりかねず、政治家として何をやったのかということが甘くなりかねない。
 日本の首相の娘たちにインタビューした本を読んだことがあるが、そのなかで、ある首相の娘が、「おとうさんが、くたくたになって、くたびれてソファーで寝ているのを見て、おとうさんは、こんなに一生懸命やっているのに、マスコミはなぜおとうさんのことを悪く書くのか」と言ったことを発言をしていらした。娘の立場からしたらそうかもしれないけれど、強大な権限を持ち、法律を成立させていくのだから、それはそれであらゆる角度から、批判や論評されて当然なのである。
 家族や友人がかばってくれるのは嬉しいけれど、だからと言って、それが視点だと政治を公平に見たことになるのだろうか。そういう視点もあるということである。
 また、晩年のサッチャー(今も生きていらっしゃるが)が、認知症になり、「あの鉄の女のサッチャーも認知症に」「あのサッチャーも晩年は普通の人の悩みと同じ悩みを抱えることになったのだ」というあの人も普通の人という視点が、逆に政治家サッチャーを描ききれていないのではないか。
 また、もうひとつフェミニズムの視点。
 素晴らしい映画「マンマ・ミーア」を作った監督と主演女優の再度の組み合わせ。いい意味でフェミニズムの視点があるために、サッチャーに対して甘くなっているのではないか。
 男社会で苦労をしているが、サッチャー自身は、逆に「わたしは努力をしてきた。努力をしさえすれば乗り越えることができるのだ。」という立場になっている。だから,人頭税など導入できるのだ。努力して報われる人はいる。しかし、すべての人が報われるのではなく、人は社会の仕組みのなかでもがいている。うまくいっていない人は努力をしなかった人という割り切りかたでは、政治は必要なくなるか、過酷なものになる。
 はいあがってきた人が、逆に、新自由主義を強行するということをもっとちゃんと描いても良かったのではないか。
 ものすごく極端なことを言うと、「実はヒトラーは女で、男社会で苦労をしました」と言われても、「それがどうした。ヒトラーはやったことがすべてだろう。」と言いたくなるような気がする。
 女性が男社会で苦労をすることをフェミニズムは重視するし、そのことは重要な視点だけれど、それだけが、現実を理解をする視点ではないと思う。もちろんフェミニズムの射程距離や概念をどう考えるかによってもこれは違ってくるけれど。
 何はともあれ、メリル・ストリープの形態模写のようなすんごい怪演だけでもすごい。また、大女優がここまで高齢の女性を演ずるのかという演技については脱帽をする。
                    (福島みずほのHPより一部変更して転載)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK