判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『ブロークバック・マウンテン』(アン・リー監督 アメリカ映画 2005年)

 涙がこぼれるような恋愛映画。
 アメリカのワイオミング州の話。
 2人のカウボーイが、放牧の羊の番の仕事に夏の期間限定付きで雇われる。厳しい自然。
 熊に襲われそうにもなる。1963年の話である。
 そんな厳しいなかで、お互いのことを思いやるうちに、恋人どおしになってしまう。
 山を降り、それぞれが、結婚した後も2人の20年以上の関係が続く。
 ゲイやレズビアンに対する偏見も差別も強く、ゲイとわかっただけで、なぶり殺されるような社会のなかで、2人は、なんとか関係を続けようとする。
 昔からの友人を装い、魚釣りのキャンプをするという名目で、年に1回くらい2人だけの時間を持とうとする。
 無口で、内省的で、ゲイであることを徹底的に隠そうとするイニスとお茶目で、自由人で、はみ出していて、淋しがりやのジャック。
 双方の妻を苦しめても、2人は、2人の関係を止めることができない。
 イニスの妻は、苦しみ、離婚となる。
 それを聞いて、「一緒に小さな牧場をやろう。一緒に暮らそう。」と喜んで言いに来るジャック。
 しかし、ゲイに対する社会の偏見と憎悪を幼児時代から身を持って知っているイニスは、静かに拒否する。
 泣きながら、車を運転して帰るジャック。
 ゲイ・レズビアンの人たちの存在は、まだまだクローゼットと言われる。家の衣装ダンスのなかに、隠されていて、オープンにできないのだ。
 尾辻かな子さんの『カミングアウト』という本を読んでいたら、その「クローゼット」の悩みが書かれていた。また、先日、ゲイの男性と話をしていたら、同じようなことを言っていたっけ。夜道、恋人どおしで、手をつないで仲良く歩いていた。すると、突然、暗闇から、ぬっーと人が偶然現れ、すれ違った。思わずつないでいた手を離した。男どおしで、手をつないでいると思われたくなかったからだ。
 家に帰って、「おまえが、先に手を離しただろう。」と言い争いになったそうだ。人目を気にして、生きていかなくてはならない。密室や人のいないところでは、仲良くできても、1歩外へ出ると、ゲイだということが、ばれないようにしなくてはならない。人に知られたら、大変であり、ゲイの人に対する差別の厳しいところでは、命だって危うくなるのだから。
 ところで、この映画の原作を書いたのが、女性であり、映画をとったのが、台湾出身のアン・リー監督というのも面白い。
 この映画は、ゲイのカウボーイが主人公だけれど、愛とは何かという普遍的なことを描いていると思う。
 人を思うということはどういうことなのか。人を愛するということはどういうことなのか。魂と魂が、かけがえのないものとして、つながっていくというのは、どういうことなのか。人生にとって何が重要なのか。
 この映画は、20年以上の月日のことを描いているけれど、ここには、社会の動きも政治もほとんど登場しない。あるのは、深い心象風景であり、魂の話である。
 父親と娘の関係、母親が再婚して、再婚先の家族の話、息子と親の関係・・・・いろんな関係も描かれる。
 映像は、寡黙なイニスのように、静かであり、セリフは、少ないように思う。静かに、静かに、深い眼で、人を、人生を思っている。
 魂の深いところで、人は人のことと人生を思うのである。
 イニスは、亡くなったジャックの実家に行き、ジャックは自分のシャツとジャックのシャツを重ねて、家のタンスのところにかけておく。
 そして、つぶやく。「ずっと一緒だよ。」と。
 ブロークバック・マウンテンは、カナダのロッキー山脈などで、ロケがされたと言う。山の自然が、素晴らしい。以前カナダに行って、自然の素晴らしさに感動したことを思い出した。
 人の営みと自然の素晴らしさと。
 いわゆる社会派の映画も素晴らしいけれど、人間の奥へ、奥へ、魂の奥へ、奥へと降りていくようなこんな映画も素晴らしい。

後日談
 以上の文章を書いて、いろんな人とこの映画について話をした。
 レズビアンのカップルと話をしたときは、肯定的でもあり、否定的でもあった。
 社会のなかと本人のなかにあるホモ・フォービア(同性愛嫌悪症)の強さを感じたと言う意見があった。
「なぜ80年代であったら、サンフランシスコにでも行かなかったのだろう?」
「カウボーイで、あそこでしか生活できないというのがあったのではないか。」
「それにしても妻があまりにもかわいそうだ。」という意見は、なるほど。
 ゲイの人たちとレズビアンの人たちで、少し感想が違うようにも思う。
 レズビアンの人と話をしていると、「ロシアでは、同性愛のパレードが、妨害にあったりしている。世界では、同性愛が、死刑になる国が、9ヶ国もある。公開の処刑をしているところもある。なんとかしなくては。」という話になった。
 21世紀の人権というか、これから、世界的にも差別や迫害をなくしていくべき問題である。
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK