判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『マンデラの名もなき看守』(ビレ・アウグスト監督 フランス・ドイツ・ベルギー・南アフリカ 2007年)

今公開されている映画「マンデラの名もなき看守」、私もパンフレットにエッセイを載せています。配給会社のご厚意により、こちらでもその文章をご紹介します。
2008年で90歳を迎えるネルソン・マンデラ氏ですが、自身の人生の映画化を許可したのは今回が初めてだそうです。

ネルソン・マンデラ。
私がもっとも尊敬する政治家の一人である。
政府のアパルトヘイト政策(人種隔離精政策)に反対し、ANC(アフリカ民族会議)の議長となり、国家反逆罪、共謀罪で27年間も投獄され、その後、アパルトヘイトを廃止し、南アフリカ共和国の黒人政府の初代大統領となる。
27年間の刑務所生活!
そのことによって人格がゆがんだり、希望や志を失ったりはしなかった。刑務所にいるときも、高官に会うときも、釈放されたときも、マンデラの堂々とした態度は全く変わらない。

南アフリカに行ったとき、「自由への長い道」(NHK出版)の本にも出てくるような、マンデラをかくまった白人の人の邸宅に泊めてもらった。マンデラと一緒に撮った写真が部屋に飾ってあった。マンデラは、カリスマのある人だけれど、むしろ身近にいた刑務官の人たちにも自然に尊敬された素晴らしい人物だったという話を多く聞いてきた。

この映画は、マンデラの魅力を、人間性を余すことなく描いている。ジェームス・グレゴリーは、マンデラなどを担当する刑務官。人種差別に何ら疑問を持っていなかったジェームズは、マンデラに接する長い間に、自由なアフリカ実現支持へと変わっていく。
妻との間にギャップが起きたり、職場で問題ともなるが、確実に変わっていく。「敵」をも変えていく力を持つ深いマンデラ。

黒人政府は、まず、持っていた核兵器を廃絶し、死刑も廃止する。マンデラは、ツツ大司教を中心にアパルトヘイトの虐殺についての真実と和解のための委員会を作り、真実はとことん明らかにするが、報復はしないということを行った。この手の委員会の委員に話を聞いたことがある。問題もあるけれど、マンデラはアパルトヘイトの復讐をさせず、社会が憎悪の連鎖で壊れてしまうことを防いだのである。ロシア革命後、ボルシェビキは、様々な人たちを弾圧、虐殺した。フランス革命しかり、宗教改革しかり、権力を獲った途端、今まで自分たちを弾圧し、苦しめてきた人たちを逆に虐殺、弾圧することを人類は歴史上やってきた。マンデラは違った。

以前の「敵」とも共存できる社会を作り上げたマンデラの原点、人間性をこの映画は描いている。
                    (福島みずほのHPより一部変更して転載)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK