判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『かもめ食堂』(荻上直子監督 日本 2006年)

 主演小林聡美、もたいまさこ、片桐はいり
 フィンランドで、食堂を経営している小林聡美のところを偶然から、手伝うようになった2人の女性。
 どうってことない小さな食堂のどうってことない日常を描いているけれど、上質の落語のように、楽しくて、心が癒される。
 何かすさまじいことが起るわけでも、すさまじいことが暴露されるのでもない。
 なぜそれぞれ3人の女性が、フィンランドに来ざるを得なかったのか、語られることもない。
 踏み込んで、人生のなかみが、吐露されるわけではない。
 わたしは、弁護士、そして、政治家という職業柄、人の悩みや苦しみ、憤り、怒り、挫折、そして、希望や救済を聞くことが、多い。生れてからのその人の人生を踏み込んで聞くのが、仕事である。新幹線や飛行機などで、隣りに座った人から、悩みの相談をついつい受けるなんてことは、実は、よくある。
 だから私生活でもついつい踏み込んでしまうこともあるのだけれど、この映画は、踏み込まない良さを描いている。
 とんかつを包丁で、ザクザクと切るときの、とんかつのおいしそうなこと。思い出しても、生つばが出てくる。コーヒー一杯にしても、わたしも心を込めて入れて、飲もうっと、という気になる。
 疲れた心が、フィンランドの森や波止場と和食で癒されるという感じ。
 そういえば、疲れたりしたときなど、女ともだちのアパートやマンションに遊びに行って、手作りの料理をごちそうになり、泊まらしてもらって、少しずつ元気になったということも結構あったっけ。
 何かを激白するというのではなく、「まあ、休んでいきな。」という感じのそんなほのぼのとしたことで、随分救われてきたという気がする。
 いろんなことがあってもどこかで生きられるというのは、随分肩の荷を軽くしてくれることではないか。
 それにしても、この3人の話なのだけれど、これで、全く退屈しない映画に仕上がっているのは、監督や脚本家、俳優たちの才能か。こんな日本映画が作れるなんて、ステキだ。
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK