判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『崖の上のポニョ』(宮崎駿監督 日本 2008年)

 アニメ「アルプスの少女ハイジ」のハイジのように元気な女の子ポニョに脱帽である。
 ハイヒールのカツカツではなく、ミュールのカカカでもなく、裸足でパタパタパタパタと走る。
 ひたすら無邪気に明るく。
 真っ赤な金魚だった彼女(なぜ金魚が海に住んでいるのだろうと映画を見ながら思ったが、あんまり論理的に考えているとつまらなくなるのですぐ考えるのをやめた)は、びんに半分閉じこめられているのを5歳の男の子宗介に助けられる。
 バケツのなかで飼われている。
 宗介は、おとうさんが船長で、おかあさんが、宗介が通う保育園の隣に立っているデイサービスで働いている。

 宗介は、しっかりしたやさしい男の子で、金魚がポニョとしているので、ポニョと名付け、「大丈夫だよ、ぼくが守ってあげるからね。」と言う。

 実は、ポニョは、かつて人間であり、今は人間を捨てて海のなかに住むフジモトという父親の子どもなのである。このフジモトは、「ハウルの動く城」のハウルに少し似ている。

 海の家のなかに引きずりもどらされるポニョ。
 ここからがポニョのすごいところ。
 5歳のポニョは、妹たちの力も借りてとにかく抜け出すのだ。
 ここからがひたすら無邪気でひたすらかわいい。
 「宗介んとこイクー」と海の上をパタパタパタパタとものすごい勢いで、明るく無邪気に駆けていくのである。

 わたしは、実は、このシーンに一番感動をした。

 会いたいから会いにいくし、そのことについて何とも思っていないし、不安も恐怖もない。

 いいなあ、こういうの。

 子どものときはこんなに無邪気だったのに、どこかに少し置いてきたみたい。

 ポニョは、宗介が大好きだし、宗介もポニョのことが大好き。
 ポニョは、宗介と一緒に生きたい、会いたいと父親フジモトの魔法も盗み出してしまうので、大混乱の津波が起き、町は飲み込まれてしまう。

 しかし、ここにはアンデルセンの「人魚姫」の悲壮感もなければ、悲しみもない。
 恐怖も後悔も叱責も存在しない。

 子どものときのことを思い出して、わたしは、ひたすら癒された。
 最大の主人公の海や魚などの生き物がとにかくきれい。

 海のなかを自分も泳いで、遊泳している気になる。

 映画のパンフレットに、宮崎駿監督はこう書いている。
 「少年と少女、愛と責任、海と生命、これ等初源に属するものをためらわずに描いて、神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである。」

 人間が生きている、好きな人がいて生きている、こうしたいということをストレートに出してそう生きている。
 わたしはどうなるの?なんて不安感は一切ない。

 監督の「神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである。」という言葉は、心に沁みる。
 縮こまって、不安や心配、ストレス、不満を抱え、今を無邪気に生きられないわたしたちをぽーんと解放をしてくれる。

 ポニョが人間になるのに、失敗をすると泡になってしまう。
 父親フジモリは心配をする。
 すると母親であるグランマンマーレはこう言う。
 「あら、わたし達はもともと泡から生まれたのよ。」

 人類は、泡から進歩し、人間が誕生をしていく。
 泡から生まれ、泡に帰っていくのだ。

 海から生まれ、海に帰っていくのだ。
 宗介の母親は、しゃきとした女性である。ポニョは「となりのトトロ」のメイちゃんに近いけれど、宗介の母親リサは、メイのおねえさんのさつきちゃんに近い。しっかり者で、津波がくるときに、職場の心配をして、車の運転をして駆けつける。

 宗介は、両親のことをリサ、耕一と名前で呼ぶ。
 親もパパ、ママでなく、それぞれ「耕一」と呼び捨てで名前を呼ぶ。
 そして、デイサービスの場所にいる車椅子の女性たちを、宗介は、ヨシエさん、トキさん、カヨさんと名前で呼ぶ。
 「おばあちゃん」なんて呼ばないところがとってもいい。

 今は間違いなく、不安と不満の時代だ。
 そんな社会を政治を含めて作ってしまったのである。
 閉塞感や絶望感がおおっている。
 自殺をする人が、10年間、3万人をくだらないのだ。

 でもだからこそ愛や信頼、とてつもなくプリミティブな大好きという感情、お互いに心配し、思いやるということなどが、この社会を変えていく間違いなく鍵である。

 ポニョは、もともとは半魚人であり、これから差別にあっていくかもしれないのである。
 両親がいなくてどうやって人間の世界で生きていくのか。
 しかし、そんなことを考えるのは全く野暮である。

 リサさんは、突然出現した風変わりな5歳の女の子を家に入れて、宗介と一緒に育てる。育てるというのは変かもしれないが、ごく自然に一緒にごはんを食べる。

 わたしは田舎で育ったし、こんな感じできままにいろんなところで、近所でかわいがってもらって育ったような気がするなあ。

 わたしは、宮崎駿監督作品は全部見ている。
 「太陽の王子ホルスの大冒険」も「未来少年コナン」もすべて。
 のびやかな子どもをそのまま肯定をしてくれる。
 また、「耳をすませば」「魔女の宅急便」「千と千尋の神隠し」にしてもある意味女の子の成長物語である。
 のびやかに肯定をされ、どこまでも素直に、元気に、楽しく、生きていける気になる。

 わたしは、もう5歳の女の子でも、女の子でも、子どもでもない。
 しかし、とてつもなく、元気になった。
 
 目をつぶれば、海のなかの風景が広がり、ひたすら無邪気に、一途に、にこにこと宗介に会いたさに、タタタタと駆けていくポニョが見える。
 忘れかけていたのは、こんな無邪気さだったみたいだ。

 映画館は、小さな子と親でいっぱいだった。
 映画が終わったとき、後ろに座っていた小さな女の子が「面白かった」とつぶやくのが聞こえた。
 
 監督のメッセージは、いろんな子どもに届いている。
                    (福島みずほのHPより一部変更して転載)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK