判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『存在のない子供たち』(監督:ナディーン・ラバキー フランス・レバノン 2018年)

映画「存在のない子供たち」を見る。レバノンのナディーン・ラバキー監督の作品。是枝監督の「誰も知らない」を思い出したりした。出生証明書すらなく子沢山の家族の中で学校に通わず働いている恐らく12歳のゼイン。11歳の妹に生理が始まるが、それをとことん隠すように妹に言う。強制結婚させられることを恐れているのである。しかし、妹は大家さんと強制結婚させられてしまう。ゼインは怒りの余り家を出るがそこの現実も苛酷なものだった。
ナイジェリアから移民労働者ときていて「不法就労者」になり、働きながら、生まれたての赤ん坊ヨナスを育て、祖国の親に送金をしている女性ラヒルに会い、バラックの部屋に置いてもらうが。

ゼインは親を告訴する。裁判官に理由を聞かれてゼインは答える。「自分を生んだ罪で」。

子どもを生むなら、子どもが安心して暮らし、愛される生活ができることを保障するのが親であり、社会の責任ではないかということを問うている。

子どもは幸せか。
親の苦労も行き場のないこともわかる。
しかし、放置され、一番苦労し、悪循環の中でひどい目にあうのは子どもではないか。

戦争、紛争、爆撃、貧困、存在証明が無くいないものとされているたくさんの子どもたち、移民、その移民の子どもたち、シリア難民も含め貧困の中で働く子どもたち、児童労働の問題、強制結婚の問題、早すぎる結婚の問題などどれも胸に突き刺さる。

子どもが子どもの面倒を見ざるを得ない。

映画「誰も知らない」もそうだったし、「天気の子」の天野陽菜さんも親はもういなくて小学生の弟を育てるため働いている。肩寄せ合って生きている。

映画の最後のゼインの笑顔が救いか。
そして、必死で働き、生きて、赤ん坊ヨナスに精一杯の愛情を注ぐラヒルの存在も救いである。妊娠・出産したことでメイド職を失い、「不法就労者」として大変な苦労をしているラヒルだがヨナスに対する愛情は深く豊かなものだからである。

映画を見て正直ガーンと頭を殴られたという感じである。

この苦労に比べればという感じもする。

そして、揺さぶられ、もう知ってしまったあなたは何をするのですかと問われている。

ゼインは12歳だけれど500年くらい生きているような感じである。
              (福島みずほのHPより一部変更して転載)
BACK
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP