判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『おくりびと』(滝田洋二郎監督 日本 2008年)

 出演 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史
 本木雅弘演ずる主人公の小林さんは、チェロの奏者だったにもかかわらず、交響楽団が解散をしてしまって、故郷の山形庄内地方に帰る。酒田という設定か。
 ここで、偶然、納棺師をしている山崎努のアシスタントをする羽目になる。妻には、言えず秘密にしていたが、ばれてしまい、妻の反対にあう。
 納棺師の仕事、そして、見送る家族の表情や思い、人の人生、家族ということが、淡々と切々とそして、不思議なリアル感で描かれる。
 死が終わりでなく、旅立ちに思えてくる。
 力作。
 お棺をのぞき込み、「おかあさん」と泣く、中学生か高校生の女の子、子どもを見送る親、自分と母親を捨てて、駆け落ちをした父親がその後一人亡くなって、その父親の顔をのぞき込む息子。
 人生がシンプルに思えてくる。
 さよならだけが人生だとも思えてくる。

 いろんな人のお葬式に行く。最近でも久保田真苗さん、加藤万吉さん、中島通子さん、若桑みどりさんなど。友人の親御さんが、亡くなっていくこともあれば、社民党の党員が亡くなって駆けつけることもある。先輩が亡くなれば、これまた駆けつける。

 いろんな人のお顔にさようならを言ってきた。ありがとうと言ってきた。
 そして、そのとき、納棺師という職業があるとは、意識をあまりしなかった。
 パンフレットに、「納棺師ーそれは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれるひと。」とある。
 静かに、人生のこと、生きるということを考える。
 シンプルというのは、人は、お棺のなかに、何も持ってはいれないからだ。

 もっくんが健闘。
 それにしても山崎努さんの怪物ぶりはすごい。
 黒沢明監督の「天国と地獄」に確か出ていたっけ。
 それから月日が流れ、すごい存在感の俳優になっている。
 「クライマーズ・ハイ」の新聞社のワンマン社長ぶりはすごかった。怪物。
 いい映画。
 映画を見た後もずーっと考えている。
 日本映画のすごいいいところ。
                    (福島みずほのHPより一部変更して転載)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK