判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『武士の一分』(山田洋次監督 日本 2006年)

 出演 木村拓哉、壇れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂
     東三津五郎
 サラリーマンの悲哀と夫婦の絆を描いたものという気になる。
 藩主の毒見が仕事の若侍三村新条之丞。妻加世と一緒につましく暮らす30石の侍である。
 毒見の仕事をしつつ、子どもたちに剣を教えることを夢にしている。
 そんなある日、毒が当たって、失明をしてしまう。
 仕事を辞めると、生活にまず困る。
 社宅?も出なくてはならなくなるのか。
 いわゆる親族で集まって、話し合いになる。
 これは、今の高齢者介護で、誰が面倒をみるかということで、親族のなかで、誰も面倒を見れなくて、トラブルになるということを想起させる。
 妻の悩み。突然、働かなければならなくなって、困ってしまう妻が描かれている。
 つまり、江戸時代のことなのだけれど、とてつもなく現代的なのだ。
 労災申請や中間管理職のずるさ?や体を壊した働く者の大変さなどが身につまされる。侍同士の会話や同情は、今のサラリーマン同士を想起させるし、藩主への態度は、社長に対する態度のようにも思える。トラブルが起きたときに、会社の重役が詰め腹を切らされるところも、責任をとらされて、死んでいくところも今の日本である。

 藤沢周平さんの「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」も見たけれど、この「武士の一分」は、3作のなかでは一番いいかも。
 3作とも、主人公の侍に、若手の優男を起用し、相手役の女性に、可憐な女性を起用していることがミソである。時代劇が、現代劇っぽくなっている。
 そして、脇役を芸達者で囲んでいる。

 眼が見えなくなって、復讐で、果たし合いをしようと特訓に励むキムタク。
 師匠の緒形拳が、いい味を出している。
 緒形拳は、前作の「隠し剣 鬼の爪」では、悪役をやっていたっけ。
 居合いというか、死ぬ気で、練習をするキムタク。

 師匠が言う。
 「ともに死するを持って、心となす。
  必死すなわち生きるなり。」

 「必死すなわち生きるなり。」という言葉は、すごい言葉である。
 死ぬ気でやれというか、死ぬ気でやらなければ、生き残れないというか、死ぬ気でやって始めて生きることになるというべきか。

 これは、社民党に、そして、わたしに言われているみたいな言葉だ。

 「死ぬ気でやれ。そうでなければ、生き残れないぞ。」と言われているような。

 若侍は、眼が見えないというハンディキャップを持ちながら、復讐をする相手と果たし合いをしようとするのである。

 「ハンディーをもっているのだから、死ぬ気でやれ。そうでしか活路はないぞ。」と社民党も言われているのか。
                     (福島みずほのHPより一部変更して転載)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK