判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『出口のない海』(佐々部清監督 日本 2006年)

 原作横山秀夫、脚本山田洋次、冨川元文
 出演市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬、香川照之、古手川祐子、三浦友和
 この映画を見るのは正直少し恐かった。
 そもそも人が死ぬ映画と戦争映画は苦手なのだ。そして、戦争賛美映画だったらどうしようと思っていた。「ついに来たか、日本映画」みたいに、戦意高揚映画だったらどうしようと思っていた。
 しかし、そうではなかった。

 人間魚雷の図をいわゆる生き残りと言われる人に見せてもらったことがある。びっくりするぐらい狭くて、こんな狭いところに閉じ込められるのだと驚いた。
 先日、社民党の千鳥ヶ淵墓苑検討委員会に読売新聞主筆の渡辺恒雄さんに来てもらった。
 そのとき渡辺さんは、戦争の悲惨さを存分に語り、「回天(人間魚雷のこと)には内側から鍵はかけられず、外側からしか鍵はかけられなかった。内側からはあけることもできなかったのだ」と怒っていらした。そのことが頭にこびりついている。内側からはもはやあけることはできないのだ。
 弾のなかに人間がはいり、大きな弾丸となって飛んでいく。戦争で人が死ぬことはありうることだけれど、人間魚雷や特攻隊では必ずその人間は死ぬのである。
 この人間魚雷やそして特攻隊を発明した人間は、わたしの記憶では裁かれていない。

 この映画のなかでは大学生のなかで戦争に疑問を持つ人も描かれているし、主人公の甲子園の優勝投手である彼も戦争に疑問を持っている。
 人間魚雷が発射する瞬間のすさまじい緊張感。狭い魚雷のなかでの個人の内面の緊迫感が描かれている。死ぬ直前なのだから当然である。
 機械が故障して発射されない。死ぬはずだったのに、死ななかった。周囲の眼が冷たくなる。

 戦争に対して疑問をもったり、おかしいと思ったり、いろいろな不条理なことへの思いをかかえながら、みんな沈黙せざるを得ない。その思いを外に向かって出すことはできなかったのだ。
 主人公の父親は、子どもに対して、「鬼畜米英というけれど、英語を習ったアメリカ人の先生はユーモラスでいい人だった。敵を一色に敵とすることはできない」と言った趣旨のことを語る。
 ここでは父親は、明らかに戦争や敵一色と考える考え方に疑問を持っている存在として描かれている。
 三浦友和演ずる父親は、子どもが出兵していくときに、布団のなかで、身じろぎせずじっと考えている。

 戦争反対ということが言えない社会ということが描かれていると思う。個人一人ひとりの内心が社会の圧力や力で黙らされているのである。

 キャッチボールをする若者たち。その屈託のない笑顔と、ものを言えず人生の選択肢がない社会のコントラスト。艦船のなかにまつられている死んでいった仲間が一人ずつ軍神となっている文字。軍神。神になっているということの残酷さが眼に飛びこんでくる。

 正直言ってこんな映画を見るのは辛い。楽しい映画とは言えない。
 しかし、こんな映画を見るたびに知らないことが多すぎる、いろいろな人と共有しなくっちゃということを感ずる。

 わたしの希望は、こんな映画を見た人が憲法9条を変えないほうがいいという気持ちを持ってくれることである。
 しかし、この映画を見た安倍総理は全くそう思わないのであるから、「なんというこっちゃ」と思う。
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK