判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
映画ウォーキング 群を抜いておもしろい映画評です。名作と言われる映画もジェンダーの視点で切ると・・・
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン〜』(松岡錠司監督 日本 2007年)

 主演、オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫など。
 樹木希林さんも、内田也哉子さんも小林薫さんも実にうまい。オダギリジョーも瓢叉として、根無し草的なところや優しいところを好演しているが、やっぱり樹木希林さんや内田さんや小林さんがうまい。どうしようもないだめ男で、優しい男を小林薫さんが演じている。
 オカンの若い頃を演じる女優さんが、やたらめったら樹木希林さんに似ているなあと思っていたら、なんと内田也哉子さん。似ているのも当然だし、しっかり者でもあり、子どももかわいがり、どこかユーモラスで、明るいオカンを良く演じている。

 主人公が、あまりにマザコンではないかとも思ったが、わたしもマザコンなので、「オカン」「オカン」というのが良くわかる。

 ところで、東京タワーって、「3丁目の夕日」もそうだったけれど、最近の映画で良く出てくるなあ。
 そして、町並みやリヤカーなど実になつかしい。
 リリー・フランキーさんは、福岡で、わたしは、宮崎だから、ちょっと違うところもあるけれど、九州から東京に出てきてとまどいや夢やお母さんっ子というところなど、共通項もあって、現代と昔が交錯して出てくる感じとかなつかしいような、笑っちゃうような感じであった。

 ガンになったオカンについての物語でもある。
 オカンは、離婚をしたか別居している小林薫が、入院中にお見舞いくると聞いて、髪をきれいにしてもらって、かつて夫にもらった指輪をしている。こんなところが実にかわいい。別れてもやっぱり好きなのだ。
 作家の女性に聞いたけれど、元夫がガンになって闘病生活の結果亡くなったけれど、看病を一生懸命したそうである。わたしは、思わず、「えっ、離婚したのに?」と思わず聞いてしまった。
 離婚したかどうか関係なくその人の最後をとにかく見守り、看病し、面倒を見たのである。
 毎日新聞に抱腹絶倒の「毎日かあさん」のマンガを書いている西原理恵子さんも元夫の看病を亡くなるまでしたというのを何かで読んだことがある。
 最後に、別れた夫がやってくるというのもいいなあと思った。

 このオカンは、子煩悩で、夫と別れた後、飲食店で一生懸命働いたり、無理して仕送りをし、退学をするかもという電話をもらうと狼狽をしたりする。
 ユーモラスで、楽しくて、夫と別れた後、子連れで男の人とデートしたりして、なかなか魅力的で、笑ってしまう場面も多かった。

 女の人の一生の物語とみてもなかなか面白かった。

 わたしの両親は、健在だから、親孝行をしなくっちゃ。
 また、年上の友人たちも大事にしようっととも思った。
                    (福島みずほのHPより一部変更して転載)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK