判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
国籍法改正 08.12.5

2008年12月5日、国籍法の改正法が、参院本会議で可決、成立した。今回の改正は、08年6月24日の最高裁大法廷違憲判決を受け、結婚していない日本人父と外国人母との間に生まれ、生後認知された未成年の子どもの日本国籍取得について、両親の結婚を要件としないこととしたものである。なお、一部議員からの慎重論を受けて、DNA鑑定導入の当否の検討、父親への聞き取り調査など確認作業の厳格化、半年ごとに施行状況を国会に報告等を盛り込んだ付帯決議も賛成多数で可決された。付帯決議については、認知が、DNA鑑定など生物学的親子関係の確認を必要とされていないことと整合するのか等、検討が必要と思われる。また、父親が非協力的な場合もあり、父親への聞き取り調査等を硬直的にすると、子どもにとって酷なこともありうる。子どもの利益を中心とした、適切な運用が求められる。
日弁連会長声明は、下記のとおり。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/081205.html


Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK