判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
「非婚母にも寡婦控除を」日弁連が要望 2013.1.11

 日本弁護士連合会は,2013年1月16日、結婚せず出産した非婚の母親にも、離婚や死別によるシングルマザーと同様に、寡婦控除をみなし適用し経済的苦境を救済するよう求める要望書(文書発行は11日付)を,国(総務大臣),東京都知事,新宿区長,八王子市長,沖縄県知事,那覇市長に提出したと発表した。
 寡婦控除は母子世帯の母親が受けられる税法上の優遇制度だが,「寡婦」とは夫と死別ないし離別した者等で,非婚の母には寡婦控除は適用されていない。寡婦控除が適用されると所得税や住民税が安くなり、保育料などの負担も減る。寡婦控除が適用されなかったため、収入が入居要件を超えたとして、県営住宅の退去を命じられ、退去を余儀なくされる等,申立人はそれぞれ寡婦控除が適用されないことにより厳しい状況に置かれている。
 日弁連は,寡婦控除が「非婚の母」に適用されないという現在の制度は,@婚姻歴の有無による差別であり,憲法14条に違反し,A婚姻の自由を保障する憲法24,13条に違反し,B生存権を脅かすので憲法25条に違反する上,女性差別撤廃条約6条,国際人権(自由権)規約2,24,26条,子どもの権利条約2条に違反すると指摘した。
 大阪府泉佐野市議会では,2012年12月21日,寡婦控除を未婚の母子家庭まで拡大することを求める意見書を提出した。
日弁連要望書
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/hr_case/data/2013/complaint_130111.pdf
大阪府泉佐野市議会「寡婦控除を未婚の母子家庭まで拡大することを求める意見書」
http://www.city.izumisano.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/67/23ikensho_12_01.pdf




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK