判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
全日本柔道連盟女子ナショナルチーム国際強化選手15人による声明 2013.02.04

 柔道女子の日本代表の強化合宿で園田監督やコーチが選手に対し、暴力行為やパワーハラスメントととられる行為をしたとして、ロンドンオリンピックの代表を含む選手15人が日本オリンピック委員会に告発する文書を提出し、指導体制の改善を求めた。園田監督は選手への暴力行為を認め、全日本柔道連盟から先月19日付けで戒告処分を受けたが、引き続き監督として指導することとされた。しかし園田監督は1月31日、「これ以上、強化に携わっていくことはできない」と監督を辞任したいという考えを示し、2月1日、進退伺を全日本柔道連盟に提出した。進退伺は受理され、全日本柔道連盟の執行部で扱いを話し合った結果、園田監督の辞任が決まった。
 2月4日,告発した女性選手15人が代理人を通じて声明文を発表した。声明文は,園田前監督の暴力行為・ハラスメントの被害実態を告発した経過を明らかにした上で,前監督一人の責任という形で問題解決が図られるのは真意ではなく,連盟の組織体制の問題点も明らかにされなければならない等と指摘する内容。




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK