判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
ストーカー加害者 治療不同意60%超  2017.3

 平成28年度から、全国の警察は、ストーカー規制法に基づいて警告するなどしたストーカー行為の加害者の中で必要と判断した人に対し、治療やカウンセリングを勧めている。本人が同意すれば、警察は地域の医師らを紹介する。
 加害者根の働きかけは、2016年4月から12月の間に、33都道府県で293件あり、108件で加害者が同意した。そのうち実際に受診したのが73件であった。治療完了は14件、治療中48件。就職などを契機に治療を中断したケースが11件だった。
 加害者が治療に同意しなかったのは、179件で全体の60%を超えた。「自分は病気ではなく、必要ない」という理由が多い一方、経済的な事情を挙げた人もいた。

朝日新聞2017年3月4日付夕刊(吉田伸八編集委員)


Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK