判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
高校教科書の検定結果 02.4.13

 家庭科教科書の検定不合格はなかった。夫婦別姓などの記述が増えていて、それぞれの個人の生き方を尊重する視点が、より強まっているとのこと。今年合格分は、まだ出版されていないので、残念ながら、ここでは引用できない。そこで、今実際に使われている4年前検定合格の教科書より、少し紹介。「長いあいだ、私たちは男だから女だからという固定的な考えにとらわれてきた。それがさまざまな社会的差別や家庭内での役割分担をうみだしてきたといえよう。21世紀をあゆみはじめようとしているいま、まず、こうした性による差別や役割分担に決別したい。男も女も一人ひとりの個性が第一に尊重され、経済的にも生活の上でも自立し、ともに社会に参加する・・それをともに生きる社会の原点としたい。」(「家庭一般21」実教出版)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK