判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
ストーカー被害初の2万件台、DVも過去最多 2014.3.20

 警察庁生活安全局生活安全企画課・刑事局捜査第一課が3月20日付で発表したところによると、全国の警察が2013年に把握したストーカー被害は21,089件で、2年連続で最多を更新し、初めて2万件台を突破した。ストーカー規制法に基づく加害者への警告は7.4%増の2,452件、禁止命令は49.3%増の103件で、いずれも過去最多となった。2013年7月施行した改正ストーカー規制法により新たに禁止されたメールの連続送信を含む行為の摘発は43件、警告は143件、禁止命令は8件だった。行為者の性別は男性が86.9%。
 上記発表によれば、2013年に把握された配偶者間暴力(DV)は49,533件で、こちらも過去最多。刑法・特別法の適用による検挙は4,300件で、前年比197件(4.8%)増加し、過去最多となった。被害者の93.4%が女性、加害者の93.4%が男性であった。
 警察庁によると、警察本部で一元的に対応し、相談を受ける生活安全部と捜査する刑事部を総合する態勢は、2014年3月20日現在26都道府県で整備され、残る府県も新年度には整備される予定であるという。また、被害の防止のためには捜査を通じた対応だけでは限界があるとして、警告を出すなどした加害者に意向を確認の上精神科医の受診につなげるなども検討しているとのことである。
 
 朝日新聞2014年3月20日付夕刊(吉田伸八記者)
 毎日新聞2014年3月20日付夕刊(川辺康弘記者)
 http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/stalker/25DV.pdf




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK