判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
旧優生保護法強制不妊一斉提訴 2018.5.17

 「不良な子孫の出生防止」を掲げた旧優生保護法に基づき不妊手術を強制されたのは、子どもを産むかどうかの自己決定権を奪い、個人の尊厳を掲げた憲法に違反するとして、東京、宮城、北海道に住むいずれも70代の男女3人が、5月17日、国に総額計約8,000万円の損害賠償を求めて、東京、仙台、札幌の各地裁に提訴した。
 1月末の仙台地裁での宮城県の60代女性による提訴に続く第2弾である。
 後日札幌地裁で提訴を予定する夫婦もいるという。

2018年5月17日朝日新聞夕刊(貞国聖子、山本逸生、磯部征紀各記者)
2018年5月17日毎日新聞夕刊(服部陽、遠藤大志、安達恒太郎各記者)



Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK