判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
児童養護施設の4割以上にLGBTの子どもがいたとの調査結果 2017.5.27

 児童養護施設の4割以上に、同性愛者や心と体の性が一致しないトランスジェンダーなど性的少数者(LGBT)とみられる子どもがいたとの調査結果を、支援団体などが27日明らかにした。
 一般社団法人「レインボーフォスターケア」と岩本健良・金沢大准教授らが実施した調査で、全国約600施設に調査票を郵送し、220施設が回答した。
 LGBTと思われる子が「現在いる」とした施設は15%、過去分も含めると45%の99施設に144人が入所していた。具体的な回答があった133人のうち、トランスジェンダーは95人、同性愛や両性愛の傾向は59人であった。
 99施設のうち、職員会議や子どもの相談に乗るなどの対応をしたのは66施設にとどまった。「個室がなくプライバシーの配慮が難しい」「生活の場が体の性別で分かれており、トランスジェンダーに配慮した対応ができていない」など生活環境関連の苦労が多かった。研修の必要性の充実や、ほかの子どもへの教育の必要性を指摘する声もあった。

毎日新聞2017年5月28日付朝刊 藤沢美由紀記者
東京新聞2017年5月29日付朝刊


Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK