判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
民法900条4号但書の違憲性を争う裁判 最高裁が大法廷へ回付 10.7.7

 婚外子の相続分を婚内子の2分の1と定めた民法900条4号但書の規定が、法の下の平等を定めた憲法に違反するかが争われた裁判につき、7月7日付で、最高裁第三小法廷が、審理を大法廷に回付することを決めた。
 同規定を合憲とした95年の大法廷決定後も、同規定の違憲性が争われる事案が相次ぎ、最高裁の多数意見は、昨年まで合憲の判断を維持しながらも、合憲性に極めて強い疑いを示す意見を付し続けた。一方、違憲とする少数意見は多数意見と僅差で推移してきた。
 今回、最高裁判所の判断が見直される可能性が大きく、判断に注目が集まっている。

婚外子相続差別「合憲」見直しか 最高裁が大法廷回付
http://www.asahi.com/national/update/0709/TKY201007090437.html?ref=rss
朝日新聞 2010年7月9日18時32分
非嫡出子相続格差:大法廷で憲法判断へ 見直しも…最高裁
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100710k0000m040087000c.html
毎日新聞 2010年7月9日 21時15分

Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK