判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
被災3県 女性の相談5573件  2013.6

 岩手、宮城、福島の女性を対象に内閣府が実施した悩み相談の件数が、2012年度は5573件に上ることがわかった。相談は内閣府が3県と共催する「女性の悩み・暴力相談事業」。3県の合計7か所の相談窓口にて、地元のNPO法人などの協力を受け、面談ないし電話で、無料で行われている。
 宮城県は男性からも受け付けているが、9割が女性である。年代別では40代の25.1%が最多で、30代〜50代で54.2%を占める。相談内容(複数回答)は不安や心的外傷後ストレス障害などの「心理的問題」が最も多く(2460件)、「孤独を感じる」「生きがいを見失った」等の「生き方」の相談が1754件で続く。親や子どもとの家族の問題は1664件、夫との不仲や金銭問題の「夫婦の問題」が1034件、DVが666件あった。
 内容によっては、児童相談所や法テラス、警察などの関係機関に相談を引き継ぐ場合もある。
 当初は2012年12月をもって事業を終了する予定だったが、同月中も400件を超える相談が寄せられたため、継続して行われている。
http://www.gender.go.jp/policy/saigai/bo-reports.html
2013年6月16日東京新聞朝刊




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK