判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
性同一性障害で学校に相談 児童生徒606人 2014.6.13

 心と体の性が一致しない「性同一性障害」の可能性がある児童生徒に関する文科省の初めての調査の結果が、6月13日、公表された。調査は昨年4月から12月、各都道府県教委を通じて、全ての国公私立の小中学校、高校、特別支援学校を対象に実施した。
 調査によると、学校に相談している児童生徒は606人で、うち、257人が医療機関で受診し、165人が性同一性障害の診断を受けていた。戸籍上は男だが女と自認する児童生徒は237人、戸籍上は女だが男と自認するのは366人。高校生が403人で最多であり、中学生は110人、小学生は低学年26人、中学年27人、高学年40人だった。学校が把握した事例だけのため、実際に同障害で悩んでいる児童生徒は606人より多いと推測されるが、「実数は不明」(児童生徒課)である。
 学校から、本人が自認する性別の制服着用を認めるなど特別な配慮を受けている子どもは、63%にあたる377人である。特別な配慮の内訳(複数選択)は、服装161件(心の性別に応じた制服着用や体育着での登校を認める)、トイレ156件(職員用や多目的トイレの使用。授業中にトイレに行けるよう配慮)、更衣室133件(保健室の利用や多目的トイレでの着替えを認める)、修学旅行など宿泊研修105件(1人部屋の使用や入浴時間をずらす)、他の児童や保護者への説明85件(入学後に説明。または本人の希望で他の児童生徒や保護者に説明せず)、水泳78件(上半身が隠れる水着の着用や別の日に実施。授業出席の代わりにレポートの提出で対応)、通称使用74件(心の性別に応じた本人の希望する名前で学生証などを発行)。
 不登校や自傷行為に至った例も複数回答があった。文科省は今後専門家の意見も踏まえて性同一性障害に関する知識や対応例をまとめた教職員向けの指導資料を作成し、今年度中に配ることにしている。

 2014年6月14日付東京新聞朝刊
 2014年6月14日付毎日新聞朝刊(三木陽介記者)
 2014年6月14日付朝日新聞朝刊




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK