判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
性的被害の状況 全国児童相談所長会調査 2013.7

 全国児童相談所長会が、家庭や施設内での性暴力被害に関する相談状況を、初めて集計・分析した。なお、厚生労働省は、加害者が親や保護者のケースを毎年集計公表してきたが、これに該当しない親族や知人らからの性暴力被害者が2011年度は748人と半数近くに達している。
 調査は、全国の児童相談所が2011年度に対応した相談・対応事案を集約したもの。対応した被害者は、1614人(うち女子1419人)。中卒以上234人、中学生562人、小学生562人、3歳〜就学前164人、0〜2歳44人(年齢無回答も一部あり)。加害者(疑いも含む)は、実父455人、兄弟191人、母親の内縁の夫119人、実母99人、祖父49人など。施設関係の児童から被害を受けた子どもも174人いた。
 被害者のうち知的障がいなど何らかの障がいがあった子どもは14.6%。施設に保護された被害者につき、気分変動・うつ状態19.7%、不眠15.8%、心的外傷後ストレス障害(PTSD)14.4%、自傷行為自殺未遂12.4%、暴力やいじめ加害7.3%に達した。
http://www.zenjiso.org/wp-content/uploads/2013/08/95b.pdf




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK