判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
「嫡出否認の訴え」についての違憲訴訟提訴 2016.8.24

 法律婚夫婦間に生まれた子と推定される場合に(民法772条)について、父子関係がないと否定する「嫡出否認の訴え」は、夫からしか提訴できず、妻からは起こせない(民法774条)。このことが「法の下の平等」や「婚姻や家族に関する平等」を定める憲法に違反すると主張する訴訟が、2016年8月24日、提訴された。とくに、嫡出否認の前提となる民法772条の離婚から300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する(推定といっても「みなす」に近い内容)規定により、DVなどがあった場合に、妻が夫とのかかわりを避けて出生届提出をさけることがあり、その結果、子が無戸籍になる例が少なからずある。こうした問題を提起する訴訟である。



Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK