判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
ストーカー・DV一時避難にホテル 職務質問の照会システムで警告状況把握 2014.8

 警察庁は、2015年度から、ストーカーやDVの被害者を民間のホテルに無料で一時避難させる取り組みを始めるとし、同年度の予算の概算要求に宿泊費約1億3300万円を盛り込んだ。警察庁が2013年2月のストーカー事案(578件)を調べたところ、警察官が被害者を帰宅させては危険だと判断した事案が61件(10.6%)あった。被害者は公共施設等に一時避難できるが、門限や共同部屋、携帯電話の使用禁止といった条件から利用しない人がいたという。
 警察官が職務質問に使う照会システムは行方不明者届や指名手配の有無、犯罪歴を確認できるが、ストーカーとDVの情報は含まれていない。ストーカーとDVに関する警告・禁止命令等の状況を管理する別のシステムをリンクさせて、巡回の際に利用できるための照会システムの改修のための約2850万円も予算要求に盛り込んだ。

 毎日新聞2014年8月29日朝刊(長谷川豊記者)
 朝日新聞2014年8月29日夕刊




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK