判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
同性カップルと在留資格 2019.8.14、2019.9.12

 法務省は、2019年8月14日、在留資格がないまま日本人の男性のパートナーと17年間婚姻同然の生活をしてきた東南アジア出身のトランスジェンダーの女性に対し、在留特別許可を認める決定をしました。二人は法律上は同性カップルとみなされますが、同性カップルに在留特別許可が下りたのは2例目、トランスジェンダーの女性に対しては初めてとなります。法務省出入国在留管理庁は「素行や生活スタイル、社会への定着性や人道的な配慮など、これまでの在留状況を総合的に判断した」としています。
 また、2019年9月12日、日本人と米国人の男性カップルが、安定した在留資格が得られないとして、国に1100万円の支払いを求める国会賠償請求を東京地裁に提訴しました。米国人男性は、在留資格の変更を求める訴訟も提起しました。
 2人は15年間連れ添い、2015年米国で婚姻、男性は5回にわたり「定住者」の在留資格を求めましたが不許可になっていました。


Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK