判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
交流サイト 18歳未満の少女被害増加 2013.9.12

 見知らぬ人と交流できる「コミュニティーサイト」を利用して、事件に巻き込まれる18歳未満の少女らが増えている。「コミュニティーサイト」とは、異性間の交流を目的とする出会い系サイト以外で、多くの人との交流が可能なウェブサイト。フェイスブックなどのソーシャル・ネットワーク・サービスやツイッター、ゲームサイト、自己紹介サイト(プロフ)が中心。出会い系サイト規制法は18歳未満の利用や性行為を誘う書き込みを禁止しているが、コミュニティーサイトは対象外である。
 警察庁の9月12日のまとめでは、2013年上半期(1月〜6月)に保護した被害者は2012年同期より89人(17%)多い598人。摘発した事件も、2012年同期より260件(43%)多い859%に上った。罪種別では、淫行など青少年保護育成条例違反が50件増の383件、児童買春が87件増の205件、強姦が2件増の7件だった。
 被害者の約2割にあたる117人が、LINEやカカオトーク、スカイプなど、スマートフォンなどの無料通話アプリのIDを交換する掲示板を利用。ID交換掲示板の利用が被害につながった事例は2012年上半期にはなかったが、今回2012年下半期の36人から大幅に増えた。
朝日新聞2013年9月12日夕刊(吉田伸八記者)




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK