判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
女性受刑者3% 摂食障害 2013.9

  全国の女性受刑者の約3%(146人)が摂食障害を抱えていることが、法務省の調査でわかった。調査は2013年9月、全国の3医療刑務所と9女子刑務所の4159人を対象に実施。
 摂食障害の一つである過食でかさむ食費を節約するため食べ物の窃盗を繰り返して服役するケースが多い。
 女子刑務所の収容率(2011年末)は定員オーバーの109%で、男性の84%を大きく上回る。窃盗罪が3割強を占め、摂食障害の受刑者が過剰収容の一員になっているという。
 摂食障害とみられる受刑者が18人いる栃木刑務所では、受刑者の異常行動を防止するため、食事後は一定時間トイレや洗面所のない部屋に待機させるという。
 有識者らでつくる「女子刑務所のあり方研究委員会」は、2013年3月、「摂食障害の入所者などの健康保持に十分配慮し、必要な医療措置や処遇上の配慮を行う体制」の整備を要望した。法務省は、処遇プログラムの開発や職員の研修を行う方針である。
 2013年10月3日毎日新聞夕刊(伊藤一郎、山田奈緒)




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK