判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
厚生労働省女性係長「昇任で性差別」訴訟提起 2014.10.21

 厚生労働省の50代の女性係長が、10月21日、「昇任・昇格に男女差別がある」として、国に約670万円の損害賠償等を求める訴訟を、東京地裁に起こした。
 原告代理人弁護士は「現職の国家公務員が待遇の男女差別を訴えて提訴したのは初めてでは」としている。
 訴状などによると、女性は1988年に国家公務員2種(現一般職)の採用試験に合格し、89年に旧労働省に入り、96年に係長になったが、その後18年間昇任していない。同期の男性の大半が2006年ごろに課長補佐相当に昇任した。多くの女性職員が男性よりも課長補佐になるのが遅れているという。
 女性は、所属する部では男性の上司が人事を担当し、女性職員が不当に低く評価されていると主張する。
 安倍政権は、「2020年までに指導的立場の女性を3割に」という目標を掲げるが、霞ヶ関の女性管理職比率は2.7%で、民間企業の7.5%を下回る。

 朝日新聞2014年10月22日朝刊
 日経新聞ウェブニュース2014年10月21日13時43分(共同)




Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK