判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
情報BOX 女性に関する元気の出るニュースです。情報をお待ちしています。
厚労省 初のマタハラ実態調査 2015.11.12

 12日、厚労省は、妊娠・出産を理由に職場で不当な扱いを受ける「マタハラ」=「マタニティーハラスメント」の実態調査を公表した。同調査は、25歳から44歳の女性を対象に実施された。
 このうち、派遣社員の48.7%が「マタハラを経験したことがある」と回答し、正社員では同様の回答は21.8%だった。マタハラ被害の具体的内容を複数回答で尋ねたところ、「迷惑」「辞めたら」と言われたケースが47.3%と最も多く、雇止め・解雇は20%、退職・非正規雇用への転換強要は15%にも上った。また、誰からマタハラをされたかの質問については、直属男性上司が最も多く19.1%、直属女性上司が11.1%、同僚・部下では女性が9.5%、男性が5.4%だった。
 これらの調査結果は、マタハラ防止対策の法改正の中で議論が進められる見通しである。

2015.11.13 毎日新聞朝刊



Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK