判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
「セクシュアル・ハラスメントの諸様相と法的問題」(山崎文夫 比較法制研究<国士舘大学)26号)

 日本ではまだほとんどないと思われる同性間のセクシュアル・ハラスメント、往々にしてありがちな職場恋愛がこじれたセクシュアル・ハラスメントそしてその周囲が被害をこうむる性的えこひいきにかかわるアメリカの判例が紹介されていて、興味深い。アメリカではセクシュアル・ハラスメント防止のために社内恋愛を禁止している企業(や大学)さえあるようだが、「不義は御家のご法度」という言葉を思い出す。愛などという最もプライベートな精神の営みを法律で規定しなければならないなんて、と思ってしまうのだが。
 時々テレビドラマなどで、職場でのラブシーンがあるけれど、こんなことは現実にはないはずと思いたい。アフターファイブは二人の自由だが、職場にいるときは、職業人として振舞って欲しいと思う私はフルイのか。

Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK