判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
池内ひろ美・町村泰貴「勝てる!?調停離婚」日本評論社 2004年2月

 離婚調停について、当事者の立場から、これほど懇切丁寧に案内役をつとめた本はなかったと思う。年間約30万組の離婚、うち10%が調停をしているとすると、夫婦あわせて約6万人が毎年調停を経験していることになる。裁判所という高い敷居、大変な不安をもって調停にいどむ方に、大変に親切な羅針盤になる。
 調停委員のせりふを紹介するところでは、依然として、「ご主人」「奥様」が出てくるのだが、これは実際にそう言われるのだからしょうがないですね。
 調停経験者には調停委員への不満も多く、一方、調停委員の側でも大変な苦労がある。
 疑心暗鬼、マイナス志向になりがちな紛争の真っ最中の当事者に対して、何度も何度も、プラス志向でものごとを考えていこうよと暖かく励ましてくれる委員もたくさんいる。この本で調停がどんなところかよく知って、かつ人を信じて調停にのぞんでほしい。調停を指揮する元裁判官が書いた梶村太市「離婚調停ガイドブック」(日本加除出版)とあわせて読むとさらに立体的になる。

Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK