判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
『ジェンダーの法律学(第2版)』(金城清子 2007年 有斐閣)

 ジェンダー視点からの法学入門として好評の初版が刊行されて5年。このたびその間のジェンダーをめぐる変化を織り込んで全面的に見直しをはかった改訂版が刊行された。
 統計データはもとより、均等法の改正、DV防止法の改正、離婚時の年金分割などから、着実に変化していることを読み取ることができる。
「変革の道具としてのジェンダー統計」「国際社会とジェンダー」の2章を冒頭にして構成していることに、本書の特色と著者の意気込みが感じられる。
 250ページのコンパクトな本であるが、その中にはコラム、事項・人名索引、判例索引、参考文献、年表が収録されており、ジェンダー法学入門書として、至れり尽くせりである。解説もわかりやすく、学生にも一般の人にも、いまの日本の法律に、ジェンダー視点で見直すとどんな問題点があるか、一目瞭然である。
 2007年春のお薦めの1冊。
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK