判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
『女性差別撤廃条約の展開』山下泰子 勁草書房2006年

 女性差別撤廃条約研究の第一人者であり日本女性差別撤廃条約NGOネットワークの代表世話人でもある筆者の最新の研究書。
 古くは女性差別撤廃条約の生誕前から今までがわかるとともに、2002年の日本女性差別撤廃条約NGOネットワークの結成とその後の活躍、フェミニズム国際法学の元年(と筆者が位置づけた)の2004年の動き、現在の課題までが網羅され、女性差別撤廃条約を日本が批准するときの国会審議の様子も詳細に取り上げられていて面白い。

目次
序 章 フェミニズム国際法学の視座
第1章 国際人権保障における女性の人権
第2章 女性差別撤廃条約−フェミニズム国際法学の基礎−
第3章 女性差別撤廃条約選択議定書の概要
第4章 女性差別撤廃委員会における日本レポートの審議とNGO
第5章 政策としての男女平等
第6章 女性差別撤廃条約と男女共同参画社会基本法
第7章 日本の女性NGOと国連
補論
第1章 衆議院における女性差別撤廃条約承認審議
第2章 参議院における女性差別撤廃条約承認審議
資料
1 女性差別撤廃条約
2 女性差別撤廃条約選択議定書
3 女性差別撤廃条約・選択議定書締約国
   −レポート提出・審議状況一覧−
4−1 第2次・第3次日本政府レポート審議に対する女性差別
    撤廃委員会による「最終コメント」
4−2 第4次・第5次日本政府レポート審議に対する女性差別
    撤廃委員会による「最終コメント」
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK