判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
沖縄人権協会編著『戦後沖縄の人権史 沖縄人権協会半世紀の歩み』高文研 2012年

 本書は沖縄人権協会の創立50周年を記念して企画された。本書は、沖縄のさまざまな人権史と現在を知る手がかりになる本だが、ジェンダーに関連する沖縄特有の問題を、若尾典子氏(佛教大学教授)が第W章で取り上げている。全体の一部のみを取り上げるのは申し訳ないが、以下、簡単に紹介する。
 1981年、位牌(トートーメー)の継承者を男性に限定することの問題を訴えた祭祀承継者指定裁判で、那覇家庭裁判所は、3月24日に申立人の女性を承継者として認めた。米軍男性と日本人女性間の子でいずれの国籍も承継できない子が沖縄には100名以上存在した。女性たちの運動があり、女性差別撤廃条約と抵触していた父系主義の国籍法は1985年に改正され父母両系主義に改められた。しかし、これで解決したわけではない。国際結婚により生まれた子の教育問題、丸刈り強制への抵抗、そして天皇制へ、著者の鋭い舌鋒は続く。
 半世紀続いてきたという小さいけど大きいという沖縄人権協会の存在を始めて知った。沖縄には慰安所が140箇所以上あったということも(浦崎成子氏らのグループによる研究)。                        (F)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK