判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
飯島奈美 『LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。』株式会社糸井重里事務所 2009年

 ベストセラーになっていた際に立ち読みした折には、タイトルの「。」などに糸井重里色を感じるとともに、「ナポリタン」「豚汁」「唐揚げ」「おにぎり」…といった「目新しさ」のない、ひねりが一切ないところに魅力を感じなかった。糸井らのエッセイもレシピ本としては冗長、料理ひとつひとつに「今回のポイント」とあるシチュエーションの記述(たとえば、「ロールキャベツ」には、「料理に興味を持ちはじめた年齢の娘さんに、おかあさんが教えながら、一緒につくるというシチュエーションです。手順の多さも、教えるたのしみですよね。…」)にも「照れ」を感じ、そのまま平積みの棚に置いてしまった。そのときの自分の気ぜわしさ、ひねくれた感性を反省する。
 映画「かもめ食堂」のおにぎりなどをみてしみじみ嬉しくなった。ああこういう何気ない料理がほっとする。バルサミコ酢とかコチュジャンとかピンクペッパーとか(適当にあげた)、こじゃれた調味料、食材は一切不要。普通に繰り返し作って、繰り返し食べるもの。何気ないと思っても、実はコツがいる。おにぎりは、「ごはんの熱いうちに、最初に強く2、3回にぎるのが、一番だいじなポイント。」そうすると、型くずれもせずに、しかも、かちかちにはならず、中に空気が入って、ふんわりまとまる。手にごはんをとり、熱いのをがまん。いなりずしは、「ひと肌ていどに冷めてから油揚げに入れないと、硬くなってしまうので注意してください」。家族が美味しく食べてくれるために、ちょっと我慢したり、ちょっと手間をかけたり。少しずつの思いやり、気遣いがあるから、手作りはとびっきり美味しい。
 こんなの当たり前…ではなくなっているのだろうか。だからこそ、ベストセラーになったのかもしれない。でも、この本を手に取って、家族のために手間暇かけて美味しく作りたいと思う人がたくさんいた、というのはうれしいこと。
 「ですます」調のレシピの説明文も、優しい人柄を感じられながら、冗長でなく端的。昨今のブロガーのレシピ本にみられる馴れ馴れしさは皆無で、ほっとする。
 読む人に「美味しいものを丁寧に作りたい」と思わせる一冊。(良)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK