判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
キャロル・キング著 松田ようこ訳『キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン』河出書房新社 2013年

 キャロル・キングは時々聴く。やはり定番の「Tapestry(つづれ織り)」。かすれたような、くぐもったような、でもあたたかい声での歌は、ふと繰り返し聴きたくなる、そんな何気ない魅力がある曲ばかり。2010年の日本武道館のコンサートも行った。68歳のキャロルがピンヒールを履いてロックンロールしているのを観て、度肝を抜かれた。ライブは素晴らしかった。40年以上に渡り強い友情に結ばれたジェイムズ・テイラーとの共演は、お互いを信頼し合っている確信がそれぞれの力となってきたことを感じさせられた。本著では、それまで常にサイドマン、わき役として快適だったキャロルが、ジェイムズ・テイラーに、「今夜はリード・ボーカルをとってほしい」といわれたとき驚愕し、恐怖心(自伝を読めばわかるが、彼女は控えめな人なのだ)を抱き、しかし、観客の笑顔と中でも一番の笑顔をしてくれたジェイムズとともに一緒に歌いながら歓喜に包まれていくシーンは、感動的だ。男性を愛しては破綻し傷ついたキャロルだが、誠実にパフォーマンスすることの大切さを実感させてくれたジェイムズとの友情は40年以上も続いている。素敵なことだ。まさに、You’ve got a friend.
 Tapestryの中の一曲「You’ve got a friend」はこのアルバムのその他の曲と同じく、しみじみいい。
 When you’re down and troubled
 And you need some loving care
 And nothing, nothing is go right
 Close your eyes and think of me
 And soon I will be there
 To brighten up even your darkest night
 「落ち込んだ時、困った時、目を閉じて、私を思って。私は行く。あなたのもとに。たとえそれが、あなたにとっていちばん暗い、そんな夜でも、明るくするために」。
 日本語にすると、照れくさくなるほど、何のひねりもない、友情の大切さを実感する、そんな歌詞だが、メロディーとキャロルの声により胸にしみいる。安倍首相がこの歌詞を4月30日の米議会上下両院の合同演説のしめくくりに、挿入したことには驚いた。ベトナム戦争の泥沼に疲れはてた1971年、国家の威信をかけた戦いに疲弊して、ごく身近な、プライベートな関係の大切さに振り向かせた彼女の歌(このあたりは、Web上の松山晋也さんの解説として引用されたところを参照した)を、よりにもよって、国家と国家の物語に回収するとは。
 いやそんなことはひとまず置いておこう。ステージ上のキャロル・キングはスーパースターの貫録があるように見えた。しかし本著では、キャロル・キングは、どのステージでも堂々と向かうことはなく、自信がなく、臆しながら、懸命に頑張っている健気な女性だ。愛した男性たちは、ドラッグにはまったり、暴力をふるってきたりした。それでも、障がいのある弟が生まれてから不仲になり離婚するに至った父母を必死につなぎとめようとした経験をもつキャロルは、夫たちとの関係を続けようと願い、必死に努力し、しかし失敗し、傷ついた。ことに、暴力をふるわれながらも、甘んじていた被害経験を語る箇所は、その体験が過ぎ去った後もなお思い出すのも苛酷であることが行間からも伝わる。そして、ほかの人よりは恵まれていると知りながらも、経済的な不安を抱えながら、子どもたちを育てあげようと奮闘してきたキャロルは、苛酷な状況で奮闘しているひとり親たちの経験を共有している。
 本著は、スーパースターであっても、スーパーマンではない、内気ながらも懸命に生きてきた女性を軸にした、アメリカの現代史でもある。(良)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK