判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
北原みのり著『毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記』朝日新聞出版 2012年

 週刊朝日に連載当時もこのレポートに注目していた。死刑判決後直ちに発刊された本著を即ゲット。「平成の毒婦」と扇情的な描かれ方に違和感があった。北原みのりは,木嶋佳苗という「謎」だけではなく,裁判所,検察,さらには扇情的なマスコミの描き方自体にも鋭く突っ込んでいく。
 北原はライブ感あふれる筆致でぐいぐい一気に読ませる。滑稽なまでにヒートアップした検事と苦笑する木嶋とのやりとり(確かに嗤いたくなる気持ちがわかる。しかし被告人が法廷で嗤うとは,なんて大胆な!それにしても,検事の気合は空回り,佳苗のほうが「技あり!」「一本!」と声かけしたくなるような上手である。),暇にまかせて小顔エクササイズなどやったり,胸の開いた服でおしゃれしたり,午後には髪をカールして入廷したりする,何とも法廷の「のり」に従順でない木嶋のふるまい,木嶋と関わった男たち(証人)の「そんなわけねぇだろぉ!」「しっかりしろよっ!」とどつきたくなるような証言の数々。殺人事件で否認,死刑判決という事件に,北原もいうように「不謹慎」なようだが,見ごたえたっぷりである。
 連続殺人事件というのに,悲劇性や緊張が感じ取れないという。多額の金を佳苗に渡した男たちは,睡眠薬を飲み,練炭が焚かれる中,眠るように逝った。検事が亡くなった男性のメール(「ぜひ泊まりに行きます!ムフ」…等)を生真面目に読み上げる。遺族はいう,「弟の亡骸は非常に穏やかで口元が少し笑っていました」。他の男たちも,「優しく温かい」木嶋に恋し夢見ながら,逝った。
 それにしても,「婚活サイト」とはなんてベタな世界なのだ。木嶋が演じる女は,「介護の仕事をしていて,料理学校に通い,ピアノが上手な私」。世話を厭わず,家事が得意で,適度に芸術性がある…。わかりやすい…。婚活サイトに登場する女なんてそんなもんらしい。男はおしなべて収入の高さ,地位の高さをアピール。うわ,なんてベタなジェンダーバイアス。しかし,木嶋には若干のひねりもある。介護福祉士の資格を持ち,料理はル・コルドンブルーで学ぶほど,ピアノ講師であると,いずれもプロ級とアピールする。媚びるようで,御しやすい女を演じず,相手には敬意を求める。
 お金の要求のし方も実は強引だ。ゆるゆると甘えたり同情をひいたりしながら,徐々にお金を求めるのではない。木嶋は,婚活サイトを通じてメールのやりとりが始まるや,最初から,「結婚を前提に」支援するよう求める。そして,すぐに「男女のお付き合いですから,肉体関係の相性もあります。」とセックスの話も持ち出す。お金の提供を渋る男性には容赦なく催促する。なんて強引な!と驚くが,その強引さに押されて多額の金員を払う男たちが多いことにも驚く。
 騙された男たちはピュア,純粋?確かに気の毒だが…と北原と同様,首をひねる。これが逆だったら?初対面の男とホテルに行く女,ラブホテルで睡眠薬を飲まされた女を,世間は同情するだろうか。「被害者の落ち度」という聞き慣れたフレーズが飛び交うのではないだろうか。北原は,木嶋裁判で浮かび上がるこの社会で未だ強固な男女の非対称性を鋭く察知する。
 扇情的なまなざしを物ともせず,木嶋は尋問においてセックスについてよどみなく,いやむしろ誇らしげに語る。「今まででしたなかで,あなたほど凄い女性はいないと,言われました」「具体的には,テクニックというよりは,本来持っている機能が,普通の女性より高いということで,褒めて下さる男性が多かったです」「私は,セックスにおいて長時間快感を持続させながら,トランス状態でオーガズムを感じてトリップすることを求めていましたので…」。検事の口が歪む。
 亡くなった男性たちへの木嶋の評価は寒々しい。お風呂のかびが不潔だった,スーツが古臭かった…。「あなたが掃除をすればいいだけの話では?」「よし!それではオシャレなスーツを選んで着せてあげよう!とは思わなかったのか?」…検事の「女の子」風な質問に「思いません。」とさらりと木嶋は答える。苛立っているのは検事だけではない。裁判官も怒りの声を上げる。木嶋は一体何を裁かれたのか。殺人だけではなく,愛,性を問われたか。木嶋は,この社会で「望ましい」とされる「女性」ではないことが非難されたのではないか。しかし,殺人はむろん別として,木嶋の男へのいら立ち,ドライさは,ある世代の女たちが共有する感覚ではなかろうか。
 木嶋に死刑を言い渡した判決は,北原にとって「そんな認定でいいの?」と何度も首を傾げたくなる内容だったという。木嶋は控訴している。控訴審での更なる審理が待たれる。
 最終章での北原の指摘も書きとめたい。木嶋は「たくさんの男性とセックスを楽しみ,世間の価値観に無頓着な自由な女」VS「女性の幸せは結婚して子どもを持つこと」という,まるで違う価値観の中を行き来している。だが,凡庸に引き裂かれているのは,木嶋だけではない。この社会に生きる多くの女もそうではないか。
 本著は,北原という最良のウオッチャーによる,木嶋佳苗裁判というプリズムを通した優れた女性論,社会論である。一読をお勧めする。(良)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK