判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
安田浩一『ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力』文春新書 2015年

 最初から最後まで泣きながら読んだ。この社会で実際に横行している差別扇動の有り様を読んでいるだけでも、自分の心身が損なわれていくような気がする。安田さんも、強烈な憎悪と悪意をもって差別と排除が扇動される現場に何度立ち会っても、慣れることがないという。そう書きながら、さらに、ときに自分も激しい憎悪にさらされながら、それでもその場に赴き、取材を重ね、私たちに今このようなことが行われているということをしっかりと伝えてくださることに、深く敬意を表したい。
 プロローグから涙が止まらなくなる。「愛国」を掲げながら、「クソチョンコどもを八つ裂きにして家を焼き払うぞ!」「一匹残らずチョンコどもを追い込んでやるぞ!」「薄汚い朝鮮半島を焼き払え!」「ゴキブリ朝鮮人を叩き出せ」「朝鮮人は生きているだけで公害だ」…書き写しているだけで辛い罵声を、高揚しながら拡声器で路上に飛ばしていくデモ隊。李信恵さんもそれを記録しようとその場にいた。在日ライターである李さんにとって、ネット上で「日本から出て行け」「死ね」といった言葉がぶつけられるのは「日常」である。デモ隊にとっては格好の標的である李さんは、いつもは「ナニワの姐御」風の豪胆な女性だが、そのときは猛獣に睨まれた小動物のように、小さく肩を震わせていたという。デモが終わった後、安田さんが「少しでも元気づけたい」と李さんにかけた言葉に、ぎょっとした。今では安田さん自身、なぜそんなことを口にしたのかわからないというが…。「まあ、よかったね、名指しで攻撃されること、なかったもんね」。「個人攻撃されなくて、本当によかったよ」。李さんは安田さんを睨みつけて、泣きながら詰ったという「なんで…よかったの?」「私、ずっと攻撃されてたやん。「死ね」って言われてた。「殺してやる」って言われてた。あれ、全部私のことやんか。私、ずっと攻撃されてた!いいことなんて、少しもなかった!」。そうなのだ。安田さんも李さんの言う通りだとわかった。私の周囲でもさらりと「特定の個人を名指ししたら脅迫だけど、民族への罵詈雑言はそうではない」と言い放ち、それが個人を名指ししていなくても、個人の尊厳を大きく傷つけることに全く無頓着である人もいる。自分の属性に対する中傷や揶揄、攻撃されることへの恐怖、屈辱への想像力の欠如に驚かされる。この社会のマジョリティの哀しい鈍感さを感じざるを得ない。
 私は自分自身排除される側になることも地続きであると感じ、恐怖を覚える。「よかったね」とは決して言えない。民族的にはマジョリティでも、女性というマイノリティに属していることも、恐怖を実感することと関係しているかもしれないとも思う。排除されることにリアリティがある。実際、どの属性が差別のターゲットになるかわからない。第4章や第6章などでレポートされているように、部落、ムスリム、フィリピン人、日系ブラジル人など、レイシストの攻撃対象になる。安田さんは、誠実だ。在特会の「不快さ」について話していたところ、在日コリアンの友人から、「不快で済むなら、それでいいよね」と言われた言葉が、それから先何度も耳奥でよみがえるという。他の機会に別の在日コリアンの女性から、「殺されるかもしれない、って恐怖を感じたこと、ある?」と問われたともあるという。マジョリティに必要なのは、理不尽な差別への恐怖心を実感、いや実感できなくても、想像することだ。
 言論の自由市場で意見を闘わせればいい、と楽観的にいうひともいる。しかしそう言う彼ら彼女らが、積極的に対抗的言説を発しているかといえばそうではないし(マイノリティ当事者に対抗的言説の発信を任せるつもりなのであれば、それまたあまりに酷な負担を課すことになる)、大体上記のような罵詈雑言のありようを知っているのか、もはや言論の一形態ですらなく、むき出しの強烈な暴力だというのに、とも思う。
 安田さんの取材に応じた(かつて応じた)デモ参加者は、人を傷つけていることへの認識が全くない。「ちょっと言い過ぎると思えるくらいの言葉で、ちょうどいいんですよ」。「ちょっと言い過ぎ」?心臓をナイフで抉るような痛みを他者に強いているといった自覚が全くない。在特会から離れた人も、「人間関係が原因」などであって、未だに被害者に与えた傷を実感していないという。
 安田さんがヘイトスピーチを取材していた当初、周囲のメディア関係者は、それがあまりに醜悪で下劣であるがゆえ、そんなもの取り上げる必要はない、すぐ鎮静化する、と冷ややかだったという。安田さんご自身もそう言われるとそうかもしれないとも思っていたという。ところが、街頭デモは過激化し、2013年にはヘイトスピーチは「流行語大賞」にノミネートされるまでになってしまった。メディア関係者が軽視している間に、差別扇動デモは「一部の変なやつ」にとどまらずあらゆる層に支持を広げた。それは被害者を産み続けたことも意味する。メディアが向き合う前に、レイシズムがこの社会にいきわたってしまった。真摯に取材をし記事を発表している安田さんほか、朝日新聞の石橋記者、東京新聞の佐藤圭記者は、在特会に名指しで攻撃され、ときには会社に対して抗議が殺到することも少なくないという。こうした抗議は案外報道が及び腰になる要因となっているかもしれない。省エネのため、正面から向き合うのを避ける。しかし、それでは被害者に沈黙を強い、差別を放置してしまうことになる。情報の受け手である私たちがこうした良心的なライターや記者を応援しなければならない。
 ところで、メディアが「増悪表現」と直訳したことに、安田さんも私の尊敬する師岡康子弁護士も違和感を持っている。単なる増悪、単なる罵詈雑言ではない。「ヘイトスピーチとは、人種、民族、国籍、性などのマイノリティに対して向けられる差別的攻撃」という師岡弁護士の見解に、安田さんとともに私もならいたい。
 何度も、差別集団を「護衛」する警察官へのやりきれなさが綴られる。警察官はむしろ差別扇動を抗議する者たちの体を押さえつけ、スクラムを組んで道をふさぎ、差別集団に好き放題やらせてきた。このことは、2014年の人種差別撤廃委員会にも衝撃を与え、「警察は差別デモを守るために機能しているのか」等と厳しい意見が相次いだ。こんな差別の横行を許しながら、「ヘイトスピーチ許さない」というポスターが作成されても、虚しい。同委員会は、レイシズム的スピーチを監視し闘う措置が抗議の表明を抑制する口実として使われてはならないことを想起しつつ、日本でのヘイトスピーチの蔓延について懸念を表明し、人種主義的暴力と増悪の扇動に断固として取り組むこと、こうした行動に責任のある個人・団体を捜査し適切な場合は起訴すること、ヘイトスピーチ・増悪表現を流布する公人・政治家に対する適切な制裁を追求すること等を勧告した。表現の自由に留意しつつも、差別扇動を許さない、それが人権、個人の尊厳を価値とする国際的なスタンダードである。それでも、日本は一切応じて来なかった。
 偏狭なナショナリズムを喧伝し、在特会関係者による集会にも足を運ぶ議員が後を絶たない、この悲しい社会…と嘆息してはいられない。激越な差別扇動を前に、思考停止してはいられない。人を壊し、地域を壊し、社会を壊すヘイトスピーチと闘っていかなくてはならない。あとがきにそう記す安田さんに尊敬の念を強く持つとともに、私も諦めない、闘い続けると決意した。(良)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK