判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
北原みのり著『さよなら、韓流』河出書房出版社 2013年

 韓流ドラマ、チョー面白い〜!韓流スター、超エロい〜!
 北原みのりの過去の本(『アンアンのセックスできれいになれた?』『毒婦。−木島佳苗100日裁判傍聴記』etc.)、コラム、新聞のコメントetc.、いつもいつも「よくぞ言ってくれました(^O^)/」とガッツボーズを取りたくなるほど、共感できる。毒舌ユーモアに身をよじって笑いながらも、わかりやすくも切れ味あるエンタメ系文体で発信できるフェミニストとして、何十年も上野千鶴子くらいしかほぼいなかったこの業界に、ついに次世代現るっ、と感慨にもふけっていた。
 本著は、2011年1月の原稿から始まり、そのまま時系列で並べられ、2012年12月の原稿で終わる。2011年1月から7月までの原稿には、この書評の冒頭のような浮かれぶりが楽しい。が、ん?「柔らかいマッチョ、ロマンチックな肉体美。…不細工なヤンキー集団EXILEにも、若作りのスマップにも、肩幅の狭い嵐にも、支えきれない女の溢れる性欲だ」ちょ、ちょっと!!前二者はともかく、嵐ファンの私としては、初めて北原の勢いよく発せられるコメントにちょっと待った〜!と言いたくなる。いいじゃないか、アメリカから来たジャニー喜多川が見出したかわいい顔した肩幅狭く胸板薄い日本の男の子たちが頑張っている魅力だって、捨てたもんじゃないよっ、国立競技場で華奢な男の子たちが精いっぱい走り回って盛り立てているコンサートDVD観てよっ、涙するよっ、性欲?エロ?は?KPOPSみんな同じ、退屈しか感じないよ!ふるさととか唱歌になりそうなエロ欠如のもの歌わされて悪かったねえ(←北原はそこまで言っていない)、とジャニーズ事務所に頼まれないまま嵐を擁護したくなる。でも、こんなのは、「あっちがいい」「こっちがいい」とトキメいているファン同士の他愛もないガールズトーク。そう、北原もいうとおり、たかがアイドル、たかが女の欲望、ただの楽しみ。暇潰しの消費財。
 ところが、2011年9月の原稿から、他愛なく浮かれているだけではすまない、不穏な空気が漂ってくる。俳優の高岡蒼甫が「8はマジで見ない。韓国のTV局かと思う事がしばしばある。」とフジテレビをツイッターで批判したことを機に、韓流を快く思っていない人たちが街に出始める。同年8月、お台場と渋谷で、「韓流は気持ち悪い」「日本人は韓流アイドルを認めない」と罵声をあげながらのデモ。まだ2011年9月の時点では北原は元気だ。「嫌悪をぶつける男たちへ。女の楽園、邪魔しないでね。韓流潰しても、君たちがモテるわけじゃないのだから」
 しかしだんだんと困惑が深まっていく。「東方神起エロい〜!」と浮かれれば、「バカ」「死ね」「ブス」等と顔も名前も知らない人たちから罵られる。北原のウイキピディアには、日本人になりすましている在日だといった事実ではないことが記されはじめる。北原の会社のサーバーが意図的な攻撃を受けて、一時的に閉鎖せざるを得ない状況になる。北原だけではない。ただ韓流について書いているブログやツイッターも、攻撃されていく。「愛国」をかぶった嫌韓流に、私も北原と同じく「冗談でしょ?」と信じたくない一方、恐怖心を覚える。
 2011年秋には、「韓国人のペニスの大きさを知っていますか?」「あなたの好きな男って9センチなんですってね!残念ですね!」といったつぶやきが毎日のように北原のもとにやってくるようになる。何事か。世界的コンドームメーカーが勃起時のペニスのサイズを国際比較したサイズ表を公表したのだ。ギリシャ人と日本人は13センチ。韓国人は9センチ。この情報はもの凄い勢いでネット上で広まる。どうでもいい話だ。しかし日本男子たちが「勝ち誇っている」感じは気持ち悪い。子どもじみたはしゃぎ具合と、日本万歳!の声色はきっと同じ。その後、メーカーの調査は、韓国の場合は兵役についている10代の男性を対象に、勃起しない状態で皮を伸ばして一人の調査員が測ったものであること、日本の場合は自己申告だったことがわかる。北原はみんな聴いて!と果敢にツイッターで発表する。しかし、だ。ペニスのサイズを本気で語りたがる自尊心とは何ぞや。たとえば、中国人って日本人より膣がゆるいのよ、おっぱいが日本人の平均より小さいんだからね!なんて言って、溜飲を下げる日本人女がいるだろうか。ペニスのサイズに一喜一憂する日本の男たちの傷つき、脆さ、懸命さ、はしゃぎ具合が哀しい。
 2012年8月、竹島に韓国の大統領が訪問。ラジオの人気男性パーソナリティが言う。「韓流おばさん、ほんと、やめてください。」政治のわからないオバサン、緊迫した領土問題が起きているなか、韓国に浮かれるのはやめてください、ということか。テレビで元外交官の男性が言う。「領土問題なんて簡単なんですよ!自分の彼女が、ちょっとデートしないうちに、近所の男に取られちゃたんですよ!自分の彼女が自分の留守中に他の男に取られたらどうしますか?そういう話ですよ!」女に意思がないと思っているようだ。領土も女も、オレのもの…?韓流叩きと女叩きは似ている。正義を盾にした強い口調で、ためらいもなく韓流と女を差別する。
 韓流女が「非国民」扱いされていく。攻撃対象となった北原は、恐怖に打ちのめされ、差別とは、韓国と日本の関係とは…と深刻に考えていかざるを得ない。エロい〜!と浮かれているトーンが消え、重苦しくなっていく。身動きとれない思いでいたある日、女友だちから「ユンポさま」との件名のメールが届く。開くと東方神起のメンバーであるユンホの股間の写真が添付されている。「この膨らみがすごい!」との説明つき。バッカじゃないの!面白すぎる韓流女!全ての憂鬱が吹き飛ぶ。男の「正義」と女のエロの戦いだっ。
 大きく強い男たちの言葉に女の欲望がかき消されようとしているときに、元気になろうとばかりに、ガールズトークが繰り広げられている。(×信田さよ子×澁谷知美)、(×山下英愛)など7篇。女たちで毒舌吐きあう、盛り上がってバッシング疲れを吹き飛ばすっていいよねっと読者も元気になってくる。あ、(×上野千鶴子)の一篇「あえて反論。韓流でいいのか日本の女」は盛り下がっている。「(韓流ブームに乗っかっている人たちの中に)「慰安婦」問題に関心ある人ってどのぐらいいるだろう?」「あれは国防してる肉体なのよ!軍事訓練で鍛えられた肉体ですよ。日本の男もそうなったほうがいいっていうの?」等と畳みかける上野と北原が噛み合うわけがない。北原も逆襲はしているが(マーロン・ブランドがいいという上野に対し、「男の趣味が悪かったら韓流にははまらないって話ですか、これ(笑)?」)、噛み合わなさに落ち着かないものがある。韓流がどうかではなく韓流女叩きがどうかというテーマであれば、落ち着きどころが見いだせただろう。
 当初、「韓流は、エロである」というタイトルだったが、紆余曲折を経て、決まったタイトルが、「さよなら、韓流」。韓流をもうみません、ということではない。ただ女の欲望のみで邁進してきた明るかった韓流が夢のように過去になってしまいつつある今を、こう表現するしかないという。絶望的なタイトル?そうではない、ロミオとジュリエットだって、引き裂かれた恋愛こそ、ドラマチックでしょう?と北原はいうが、やはり哀しみが漂う。他愛がないが、大切なもの、そんなものがかき消される時代に、あきらめたくない。韓流女でなくても、切に思う。(良)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK