判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
西原理恵子著『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』文春新書 2012年

 「悪」知恵,「正しくないけど」なんて銘打っているが,実に,直球ストレート,人生相談の王道をいく良書である。
 いろいろな相談があるが,本著でも,『この世で一番大事な「カネ」の話』(角川文庫,2011年)のカナメである「働くことが生きる希望になる」「ボロボロになるより見切りをつけて厚かましかろうとサバイバルを」といった切実なメッセージが繰り返される。それから人間関係(会社の上司部下,嫁姑,継母継子…)でも傷つけあうより適度に見切りをつけて距離を置くコツ(ウソも使いよう)など,社会の荒波にもまれてきたサイバラらしい実践的で具体的なスキルも披露されている。
 甘い相談には,手厳しい。「どう考えても向いていない部署に異動になってしまいました。(45歳男メーカー)」といった相談には,「向いてなくてもやるしかないでしょ」「やっぱりすごく甘いと思うよ。」とビシッと言うが,突き放さない。「愚痴言っているヒマがあったら,どうすればその仕事を楽しめるか考えましょう」と,自分が「仕事のインナーマッスル」をどう鍛えたかを伝授。「いつまでたっても親と仲良くできません(48歳男自営)」といった質問には,そもそも悩むこと自体が「ムダ」とピシャリ。でも家族がやるべきは後方支援(お金の提供)&時々会って「大好きだよ」と言ってあげること,と,大切なポイントをテキパキとレクチャー。
 まあ,離婚弁護士としては,「夫が浮気しているようです。追及すべきか,見て見ぬふりをすべきか,迷っています。(31歳女主婦)」への「携帯を勝手に見たアンタが悪い」という回答はどうかと思うが…(唯一「!?」を感じたQ&A)。逆に,「離婚して別れた息子に会わせてもらえません。(40歳男自営)」への回答「『北風と太陽』の太陽作戦で時間をかけて」は,コピーして,この業界に配ってみたい気もするが,自重する(かなり業界には異論が沸き起ころう。)。この業界が社会通念に則していないのかもしれない…。
 ほんと,この人は飲酒で「高校を退学処分,水商売バイト,エロ本で業界人生スタート」といった人生の「キャリア」を売りに「ワル」ぶっているが,賢くてあたたかい。
 「おっかさん!」と頼りにしたくなる。なお,このおっかさん,「正直者よりウソつきになれ」なんて言っているが,息子がウソついて塾サボると,キレて,聞くに堪えない罵詈雑言を浴びせ,息子と娘に「いくらなんでもそれはいただけない」と諭されたりする(笑…そこを隠さないのがエラい)。そりゃそうだ!私も「毎日かあさん」の一人として,そんなことあったら,キレる(サイバラほどのボキャブラリーはないが…)。イマドキ目指すべき「おふくろ」は,サイバラで決定だ!                                      (良)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK