判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
『啓蒙の世紀と文明観』(弓削尚子 山川出版社 2004年)

 啓蒙主義が、女性、非ヨーロッパ人という「他者」をつくり出したことは、最近のポストコロニアルの研究ではよく言われているようですが、こうしてコンパクトにまとめてもらえると、すっきり理解できます。ガリヴァーとロビンソン・クルーソーの比較なども新鮮でした。人種と性別をパラレルに考えると、ジェンダーの問題も確かによく説明できます。何かと知的興味が広がる本でした。(輝)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK