判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
「公序良俗」に負けなかった女たち(宮地光子監修/ワーキング・ウイメンズ・ネットワーク編 2005年 明石書店)

「公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。」という民法90条の規定は、均等法のない時代、女性たちの味方となった。たとえば結婚定年制や男女別定年の違法性を争った裁判などで。
 ところが、一転、この法律は、昇給・昇格における男女差別の裁判のなかで、次のような使われ方をする「憲法14条の趣旨に反するものであるが、昭和40年代においては公序良俗に違反しない」。
 この壁に挑んだ住友重工・住友金属・住友電工の女性たちの裁判記録である。裁判の経過とともに、当事者の意見、各界で活躍する人々による女性労働の実態についての証言、鑑定書などが入って、かなりのボリュームである。
 しかし、拾い読みしていくだけでも、マスコミを含んだ女性たちのネットワーク、そして国連に乗り込んで世界の人々に訴えた当事者たちの努力が、勝利とも言える和解を導き出したのだということがよく分かる。
 その結実が2003年12月24日の大阪高裁での住友電工の歴史的な和解である。
 そして女性たちは、この解決金を基礎に裁判基金が設けられ、次に続く女性への支援のフアウンドにした。シスターフッドとはこういうことだろう。
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK