判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
『実務ジェンダー法講義』(吉岡睦子・林陽子編著 2007年 民事法研究会)

 題名の通り、ジェンダー法の教科書である。使いやすい!
 本書の利用方法より抜粋
 「本書は、ジェンダー法学の実践に深く関わってきた弁護士と、法科大学院でジェンダー法を講義している研究者によって分担執筆されたものである。ジェンダー法学は、既存の学問をジェンダーの視点で見直すことから出発している。したがって、本書が取り上げた憲法・民法・家族法・刑事法・労働法・国際法は、ジェンダー法学が対象とすべき一部に過ぎず、本来であればあらゆる法分野(たとえば、環境法や税法を含めて)がジェンダーの視点からの再構成が可能である。」
 「ジェンダー法学を学ぶ人々は、法律は「生きもの」であり、日々生成発展していること、そしてその変化をもたらしているのは自然の力ではなく、人為的なもの、より具体的にはそこに関わる人々の意思であることを知ることができるのである。そのことは、差別や虐待は運命ではなく、働きかけることによって変えられるのだという、人権法に共通する真理を学びとるきっかけにもなる。」
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK