判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
田島列島著『子供はわかってあげない』上下 講談社 2014年

 「甘酸っぱすぎて死にそう!」…エホバの証人の人くらいとしか会わない充電期間?を経て一挙に書いたネームを読んだ担当者の第一声。いまどきの作品だから、絵柄もゆるいし、ゆるいながらも延々と続くギャグもツボにはまる。もじくんもサクちゃんも、ほとんどずーっと恋に浸るというよりも、悩むというほどではないが、頭の中は家族のことや部活のこと(くだらないことがほとんど)にユルくしめられている。2人の出会いは、屋上で絵を描いているもじくんに気づいた、という、恥ずかしくなるような甘酸っぱいシーン…のようで、オタクなアニメが共に好きと知って盛り上がるというもので、今一つ甘酸っぱさに欠ける。しかし、じわじわとお互いを知り、好きになり、好きだという感情を認め、告白する…。う〜!頭が悪くなりそうなラブラブだらけのマンガでなく、ユルい笑いがちりばめられているだけに、大人も恥ずかしくなく読み進み(いややはり恥ずかしくなるが)、そしてじんわり幸せになれる、そんな漫画である。
 サクちゃんのお父さんお母さんは離婚していて、実のお父さんは新興宗教の教祖様。お母さんはそれをサクちゃんに隠している。隠されている、ということをサクちゃんは知っている。お母さんと義理のお父さんと弟とのハッピーな暮らしが、壊れてしまうかと心配しつつ、部活の合宿と嘘をついて、実のお父さんに会いに行く。もじくんのお兄ちゃんは以前男だったが女へと性別転換し、家を勘当され、古本屋に間借りしながら探偵業をやっている。そのお兄ちゃんがサクちゃんのお父さんが教団のお金を持ち逃げしたとの事件の調査を任され…。
 こう書くと、なにやらどろどろした葛藤が描かれているかのようである。しかし、深刻さはみじんもない。お母さんもサクちゃんがウソをついてお父さんに会いに行ったことは気づいていて、むしろ隠していたことを謝る。ここでも泣けた!そして、もじくんのお兄ちゃんと、お兄ちゃんを勘当した臨終間際のおじいちゃんとの、最後かもしれない毒舌かけあい。ここは、サクちゃんともじくんの告白シーンよりも、ぐぐーっと涙腺を刺激された。古本屋の店主とサクちゃんのお兄ちゃんが始終ゆるくツッコミとボケをかわしながらひそかにお互いを大切に思い、店主は期待しないまま「家賃」を求め続けてそれで関係を保とう(「ぼくらは子供を残せるわけじゃないんだから、明ちゃんとのつながりが世界のどっかとつながっていたいんだ」)とするのにも、ぼろぼろ泣けた。人を根っこで支える関係性の大切さ、などというと陳腐だが、いやしかし、それがひたひたと感じられて、素直に感動した。
 そういうぐっとくる見せ場だけではなく、高校生のくだらないことだらけの淡々とした日常の空気感も、なんだかとても懐かしい。
 肩の力を抜いて読めるけれども、あとがきで著者が「上手く描けないと昔親や友人に言われたことささいなことがふくらんで黒い雪だるまになって頭がいっぱいになる」「最後の方は勝新の「パンツははかない。」の力強さで「寝ない。」」「最終話の原稿を上げた後三日程寝太郎になった」etc.と書いてあるのをみて、ドンだけ生みの苦しみ…と頭が下がった。  今後も要注目の作家だ。(良)
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK