判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
日本弁護士連合会発行『自由と正義』第61巻 特集2「ハーグ条約と日本の子の監護に関する実務」2010年11月

  本特集は、2010年7月20日、21日に日弁連主催で開催されたハーグ条約に関するセミナーを基に5つの論稿をまとめたもので、内容は以下のとおりである。ハーグ条約を理解するうえで、参考になる。

≪目次≫
「はじめに」
T ハーグ条約に関するワーキンググループの設置
U セミナー開催までの経緯
V 各セッションについて
Wまとめ
「ハーグ条約に関するガイダンス」
T はじめに
U ガイダンスの内容
V 質疑応答
「ハーグ条約の理念と実務及び子の監護に関する日本の実務」
T 日本の実務とハーグ条約の手続の比較〜ケーススタディ〜
U 日本の実務とハーグ条約の実務との相違点
V 条約締結への懸念
W 条約締結の必要性
X 条約を締結した場合における日本国内の実務への影響
「ハーグ条約の実務上の課題(1)」
T ハーグ条約における返還申立事件の手続
U 子どもを危害にさらす重大な危険(13条1項b)
V 子どもの異議(13条2項)
W 連れ去りから1年を経過した後の申立て(12条2項)
X アンダーテイキング
Y 弁護活動の実務
Z DVケースにおける対応
[最近の動向
「ハーグ条約の実務上の課題(2)」
T 子どもの所在調査
U 返還命令の履行及び執行
V 調停
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK