判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
『「ニューヨーカー」とわたし』(リリアン・ロス/古屋美登里訳・新潮社)

 「編集長を愛した40年」というサブタイトルがついているので、最近まで編集者であった私は興味津々。「ニューヨーカー」という雑誌を知らないが、ニューヨークの情報を満載した文芸中心のおしゃれな雑誌らしい。その名編集長であるウイリアム・ショーンとコラムニストである著者の職場不倫の記録といったらいいだろうか。ショーンは彼女との愛をはぐくみながら毎夜そう遠くない妻子の元に帰った。2人はノルウエーから養子を迎え育ててもいる。いわゆる家族の枠を越えた生き方である。ウーン、だけどなんだかあんまり読後感が良くない。仕事の成功も名誉も、男の愛も、優秀な子どもも手にいれ、唯一「私が手に入れられなかったのは『結婚証明書』」と言い切る彼女の強さに辟易したのかも。物書きを友達に持つなというのはこういうことかという苦々しさも正直あった。
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK