判例 女友だち 映画ウォーキング 情報BOX わがまま読書 リンク おたより欄
わがまま読書 独断と偏見に満ちたこむずかしくない読書案内です。教科書からマンガまで。
『片想い』(東野圭吾・文芸春秋社)

 今ホットなテーマとなっている性同一性障害がこの推理小説の縦糸。大学のアメフト仲間の愛のかたちが横糸となっている。青春の最も輝かしい時期にスポーツを通じてはぐくまれた愛と友情が、その後のそれぞれの生活の中でも持続していることがリリシズムをもって描かれている。男と女は全く異なる二者ではなく、グラデーションになっているのに、男か女に枠をはめられて生きざるを得ない、そしてそこからついに脱出せざるを得ない何人かを重層的にとらえていておもしろい。性同一性障害の人々がより生きやすくなることを願って戸籍売買をする陰の話が出てきて、戸籍制度を考え直すきっかけを与えてくれる珍しいエンターティメント小説。愛する対象によって「女」にも「男」にも思われる主人公が切なく魅力的である。
Copyright(C) 2001 GAL. All Rights Reserved.
 
TOP BACK